はじめまして、戸田梨恵(うみねこ)です。 2006年7月から、白血病(ALL:急性リンパ性白血病)の治療をはじめました。 弟と妹から3座違うハプロ移植を2回して、今は寛解を維持しています。日々の出来事を綴っていきたいです。コメント、大歓迎です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は母と病院に行ってきました。

というのも、治療方法の変更について、話を聞くためです。

私は前回の外来で話を聞いていたのですが、
家族に話したところ、母が直接先生から話を聞きたいということで
今日は一緒に外来でした。

前回の外来で何があったか・・・

前の外来で、先生から突然提案されました。

「入院治療はやめて、外来治療にしますか?」


「へっ??」


えっと、私の治療方針は、
(過去の記事)にも書いていますが、
ざっと書かせていただくと、

最初の提案
 さい帯血移植する。
  ↓
当初の予定
 完解後、約3年間、強化療法として、
 入院して抗がん剤治療を年に4回行う。
  ↓
その後
 3年間が1年半に短縮される。

となっていました。

当初の予定からその後1年半に変わったのは、
私が「3年間も入退院するなんて耐えられない!」
って訴えたから。

それでも、外来だと骨髄抑制が少ない弱い治療しかできないから、
1年半は治療を続けようといわれていたのでした。

1年半の治療予定だと、あと2回入院治療が残っていました。


前々回の外来では、入院日も決まり、予約もしていました。
年末はriderさんとのラブラブメールを楽しみにもしてました。

それが、前回の外来で突然、
「あと2回の入院はやめて、
 その代わり外来での抗がん剤注射と飲み薬を
 来年の7月まで続けるという治療に変更する?」

って先生から言われました。

ヤッタ~(^0^)v

って、基本的にそれ聞いたときは大喜びでした。

どれだけ入院がストレスだったか、
しなくていいよ、の一言で実感できた。

(あっ、普通の人と同じになれるかも~*^o^*)

って思ったよ。

でも、
「リスクはあるから、それを理解しておいてね」
って言われました。

そのリスクというのは、
もちろん、再発に関するリスク。

他のがん患者さんには想像しづらいかもしれないけど、
白血病の治療としては、まず「完解」にもっていくことが目標となる。
血液中の白血病細胞が5%以下になればいいのだが、
たとえ0%であっても、0.00001%あるかもしれなくて、
その辺の誤差範囲のことは、目で見えないので分からない。
骨髄中の血液を検査で抜き取って、
顕微鏡レベルでチェックするらしいんだけど、
目で見て確認できないところに白血病細胞が残ってる可能性があるのです。
残っていればしばらくしたら、増えてくる。
目に見えなくて、本当に治っている場合もある。

難しい話は先生にお任せすればよいことなんだけど、
大事なのは、白血病の場合は固形物がない分、
見えない敵に向けて抗がん剤を大量発射する必要性が、
他のがんより大きいということなんだと思う。

目に見えないから、叩けるだけ叩けばいいというわけでもなく、
抗がん剤を大量発射すれば、正常な細胞も傷つける。
肝臓や心臓が悪くなることもある。
本当は治っているのだとすれば、副作用だけということになってしまう。
実際、副作用によって3年間の強化療法を続けられなくなる方もいらっしゃる。
私はそれが一番怖かった。

先生のお話では、
もう目に見えないのに、どこまで抗がん剤治療するか。
どこで線引きをするか。
というのが大事なことらしい。

線引きを誤ると、再発してしまう。
でも、何が正しいかなんて、後からじゃないと分からない。

そして私の場合、この辺で強い治療をやめて、
外来での治療に変えてもいいんじゃないかってことでした。

当然、
「何で突然そうなるんですか???」って疑問は生じるのです。

もちろん、質問しました。
説明も受けました。

中途半端ですが、長くなるので、また次回に書かせてください。
スポンサーサイト

【2007/10/31 20:18】 | [病気]治療方針
トラックバック(0) |


rider
なんか突然じゃない?

まあ、楽な治療に越したことはないんだけど。
効果がそんなに変わらないんなら、通院の方がいいもんね。
 
年末のラブラブメールがなくなるのは、ちと残念だが(笑)



tukiko
突然だけど・・入院しないで
外来で治療できるようになるって
やっぱり嬉しいですよね。
私は3年間、強化療法を選択して
結局心臓の方に副作用が出ちゃったから
外来治療の方を選べばよかったのかなって
今更思うこともあるけど
どこまで抗ガン剤治療をしたらいいかって難しい判断ですよね。










☆riderさん
うみねこ
コメントありがとうございます!
突然でびっくり!でした…。でも、楽にこしたことはない…本当にその通りだと思いますv-22

☆つきこちゃん
うみねこ
辛い時期にコメントありがとう。
そっか…つきこちゃんも悩んだのですね。。短くしても再発したら元も子もないし、正しい選択なんてないんだと思うようにします(^-')
一生懸命選んだ道でも、正解なくても、やっぱり、あのとき…ってたまに思うこともあるよね。

コメントを閉じる▲
遊びにきてくださって、ありがとうございます。

一応患者ですが、
今は病気と全面戦争しているわけでもないので、
取り立てて変化のない日常です・・・

今更ですが、
治療する上で、いい先生に出会えたこと、本当に本当に感謝しています。

患者が言いたいことを伝えることができて、
患者の気持ちを汲んでくれる先生。

信頼できる先生。

時には???って思うときもあって、
もちろん先生からしてみても、何だこの患者?って思うときもあるかもだけれど、
それでも私は、
こんな先生、なかなかいないでしょ、って思ってる!

たまたま選んだ病院に、そういう先生がいてくれて、
本当によかった!


小学校のとき運良くこども病院に連れてかれて、
当時最先端の治療を受けられたことも、

そこで友達に出会えたことも、
看護師さんと仲良くなれたことも、、

再発して新たに多くの出会いがあったことも、

…逆に疎遠になった友達もいるけれど、

でも全てのことから、いろんなものを得た。

今はもう遠くに離れてしまった人もいるけれど、
人生において一瞬でも触れ合えたそのときに、
私は多くのものをもらったよ。

きっとそれは偶然であり、必然で、
運良くまわりまわってそうなったんだなと思う。

私は普段、きれいごとは考えないタイプだけれど、
それでもたまにこんな風に、
全てのことに感謝したいと思える日もある。

本当に辛いときは、こんなこと思えなかった。
励ましの全てが、人事のように聞こえたし、
どんな素敵な言葉も、絵空事のように思えた。

今は心に余裕が持てるくらい、元気になったってことです♪

でも決して忘れないから。

どれだけ元気になって、普通の日常に戻ったとしても、
辛かった日々があったこと、
闇から救いあげてくれた人がいたこと、
一緒に頑張ってた友達がいたこと、
今も病院で苦しんでる人がいること、

今はもう会えなくても、

あなたと交わした言葉、
あなたがいたこと、

絶対忘れません。

【2007/10/27 16:55】 | [特別な想い(^-^)]
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


うまいこと言う!
みーこです
つ=か、うみねこちゃん、文才あるしv-238
私も下に同じ!
調子の悪いときは、みんなの励ましが重荷だったりするんだけど・・・・・・
少し楽になった時に、本当にありがたい!って分かるんだよねe-266

こんにちは。
いなここ
うみねこさんのお気持ち分かる気がします♪
元気になられてるのも感じます!よかったー。嬉しい。
心にも体にも余裕がでてくることは気持ちいいです。

☆みーこさん
うみねこ
みーこさん、こんにちは!
そうなんですよねー。調子悪いときは、どうしようもないですよね。精神的にも辛いから・・・
みーこさんも早く、治療が一段落つきますように。。

☆いなここさん
うみねこ
上がったり下がったりだけど(笑)
ちょっとずつ前進o(^-^)o

いなここさんも旅行で気分転換できたみたいでよかった~v-22


tukiko
ウンウンv-352
うみねこさんが元気になってきて
心に余裕が持てるようになって
良かった~e-2

大分寒くなったし
風邪ひかないようにお大事に過ごしてね!








黒コギ
信頼できる先生と出会えるのはなかなか
難しいことだと思います!
あと、感謝の気持ちを持てるって
すごく素敵なことだと思います。
私も母がそうだったように、「ありがとう」と
素直に言えるよう心がけたいです!

☆つきこちゃん
うみねこ
つきこちゃんには、いつも励ましてもらってばかりでありがとうv-290
つきこちゃんもゆっくりゆっくりね!

☆黒コギさん
うみねこ
こんにちは。
黒コギさんのお母様、辛いときでも感謝できる方だったんですね。これまでの黒コギさんの文章から、本当に素敵な方だったんだと想像します。
心がければ、少しでも近付けますよね!

コメントを閉じる▲
最近、それなりに普通の日常に戻ってきている気がします。
入院してない、
外にでられる、
友達とおしゃべりできる、
普通のご飯が食べられる、
1年前に比べたら大きな進歩。

忙しくしていると、病気の自分を忘れられる。

健康な人のフリして、普通に友達としゃべること。
これが一番心の平穏につながってます。

抗がん剤飲んでるから、
ちょっと気持ち悪いような気がしなくもないけど、
まっ、気のせいだと思うことにしてます。

目下の悩みは棚上げで!
多分、自分の中では答えがでています。

いなここさんのブログを見て、そうそう、って思った。

生きることは、大事。
でも、生きることは、息をすることではない。
と思う。

そして私は、息をする時間が短くなってもいいから太く生きたい。

ぼーっと過ごした24時間と、
充実した3時間。
どっちかを選べといわれたら、後者を大事にしていきたいだけ。

これって、命を大切にしていないように、見えるのだろうか???

大切にしてないわけじゃない。
後で振り返ったとき、
幸せだったと思えるように、後悔がないように、過ごしたいだけ。

変わった考えなのかもしれないなぁ。。。

悩みは続きます^^;

あっ、別に体調が悪いわけではないので、念のため…

【2007/10/24 21:11】 | [再発]退院中雑記(2007)
トラックバック(0) |


みゆぼん
変わってるとは思わないよ。
ラク~に何もかもが全て選びとれるのなら、とっくの昔に選んでるよね。
色々な状況を天秤にかけて、その上で選択するのは
本当に難しくて勇気がいることだと思います。

あなたの幸せのために。。。
ゆっくりじっくり考えてね。

☆みゆぼんさん
うみねこ
みゆぼんさん、コメント、ありがとうございます!
また、会いましょうね。
まだまだ話したりないから。。。

コメントを閉じる▲
こんにちは。
血内の外来いってきました♪

採血室でいつものように番号を呼ばれる。
「999さ~ん!」
私の顔を見るや否や、検査技師さん焦る。。
「あっ、うみねこさんだ!どうしよう~!
 ○○さんのほうが失敗少なかったですよね?
 ○○さんのほうがいいですよね?」
「そんなことないですよ!この前ダメだったから。
 ××さんのほうが、絶対にいいですよ!!」
「そんなことないですよ~」

(あの~。押し付け合われても~

そして犠牲者が決定し、緊張しながら採血!

無事に取れた瞬間。
「きゃー!上手くいった~!」
って、検査技師さん、飛び上がって大喜び(笑)

隣で採血中のおじさん、いぶかしげにこっちを見てるし。。。

そして私が部屋を出ようとしたら、後ろで聞こえる情報のやりとり(笑)

「うみねこさんは、右の正中(せいちゅう)がいいわよ!」
「あ、こっちですか!こうですねっ!」
「そうそう、今度からはここねー。左はもうダメだから…」

私が振り返ると、
「あっ、情報交換してごめんねー」
って気まずそうな顔^^

いえいえ。
今後のためにも、ぜひぜひ情報交換してください♪


血液検査の結果は、白血球5.9 (^-^)v
特に下がってないので、このまま抗がん剤を飲み続けることになりました。

新たに追加されたのは、肺炎予防のお薬、バクタ。
週に2日間だけ飲むのですが、粒がデカイ!!

「バクタって持ってたっけ?」 
 ↑
私がいつもさぼって飲まずに余ってるのが前提の話^^;

  
「捨てちゃいました。。。白血球ちゃんとあるのに、あれ、飲まなきゃダメなんですか???」

露骨にいやな顔をしてしまう私(>_<)

「…嫌い?」

「好きじゃないですね~」

  ↑
必死にアピール!!


「そうなんだ~」

と普通にスルーして処方されました。。。

だったら聞くなっ!

ついでに、前から疑問に思ってたことを聞いてみました。
「バクタってなんで週に2日だけなんですか?」って。
そしたら、普通にカリニ肺炎を予防するためには、
2日だけ飲めば予防できるって実証されてるからなんだそうです。
詳しいことは聞いてませんが、
治療によっては、量や飲み方が変わるらしい!!

★入院中はさすがにちゃんとバクタは飲んでますが、
 退院時とかに「念のため残ったの飲んどいてー」
 みたいに処方されたのとかは、
 ついついすっかり忘れて余っちゃってるのです。。。
 週2日間だけって、つい忘れちゃいますよね??
 それも処方するときに、「うーん。一応飲んどくか」
 みたいに言われたら…

まっ、そんなことより、先生から突然大事なお話がありました。
お題は今後の治療のことについて。

うーむ。

またもや悩んでます。
もうちょっと悩んで整理がついたら、また更新しますねっ(^-^)


【2007/10/17 23:21】 | [再発]強化療法外来(-2007.11)
トラックバック(0) |

バクタ
ひろみママ
私も週に二日ほど飲んでる飲んでる。
すごい苦手なの。入院中は吐いたりしたし、今でも、バクタを飲んだ日はむかつくような気がする。
粒もデカすぎるし・・・。私は、半分にわって処方してもらっています。飲めなければ外来の度に吸入といわれて・・それならば飲む方がいいかなって感じです。いつまで飲むんだろうねぇ・・??

☆ひろみママさん
うみねこ
こんにちは!
私は飲んでてもあんまり体調の変化は感じられないんですが、気分悪くなるのは辛いですね・・・
半分に割って処方してもらえるなんて、親切!!

ひろみママさんのパスタ、美味しそうですね♪


黒コギ
こんにちは!
採血の時に、そんなやりとりを目の前で
されると困っちゃいますよね~
でも情報交換は大切ですよね。。
母の服用していた薬や点滴などは
私達が気にして調べようとすると嫌がってたので
あまり把握してませんでしたが、
たしかバクタも聞いたことがあります。
どの錠剤も大きくて、飲みづらそうでした。
難しいとは思いますが、改善されるといいのですが・・・


☆黒コギさん
うみねこ
黒コギさん、こんにちは。
コメントありがとうございます!

ちょっと恥ずかしいですね^^;
採血室で私は有名みたいです(笑)

移植後の辛いときには、大きい薬は本当につらいですよね。。。
小さく作れないのでしょうか???ナゾです。。

採血ね~(^_^;)
みーこです
なかなか一回でうまくいかない事多いんだよね・・・
技師の皆さんのご苦労もよぉ~っく分かるような(~_~;)
私は、一箇所集中して採血してもらってます。
これダメになったら、どうしよ・・・・・

☆みーこさん
うみねこ
こんにちは!
一箇所集中、危険ですよっ!!
私はそれでダメになっちゃいました。。。
時々寝かすといいみたいです・・・
ってタネみたい。

コメントを閉じる▲
カルラのリストという映画の試写会というかなんというか・・・
公開前に見る機会がありました!

2007年10月1日、日本はICC(国際刑事裁判所)に105番目の国として正式に加入しました。

カルラさんは、旧ユーゴスラヴィア国際刑事法廷(ICTY)の検事として、
集団虐殺の犯人、戦犯を探して起訴するのが仕事です。

検事といっても、国際的な権力で動いているので、
日本国内の検事とはちとお仕事内容が違います。
犯人を探して起訴するまでの過程、政治情勢に大きく左右されます。
戦犯をかくまう国とかあるんですね。
政治的な取引が重要になってきます。

村の人々を大量に虐殺し、村を全滅させた・・・そんな人が、
他の国に逃げ込んでいるがゆえに、捕まえることができない。
裁くこともできない。
遺族の苦しみは、癒えることがない。

そんな中、奮闘する姿を描いたドキュメンタリー映画です。

遠くの国。
集団虐殺と聞いても、実感はわかないかもしれないけど、
でも現実に、そう遠くない過去に起きているのが旧ユーゴ紛争です。

映画の内容とは直接関係ないのですが、
カンボジアにもポルポトによる大虐殺が行われたキリング・フィールドという場所があります。
去年の旅行中、立ち寄りました。

数え切れない遺骨を目の当たりにして、
なんともいえない気持ちになったことを覚えています。

人ってなんなんだろう。

人が何の道理もなく、幼い子供を含め武器を持たない民間人を虐殺する・・・
拷問して処刑する・・・
これはきっと、誰が考えても絶対悪だと思えることだと思います。

そんな戦犯を見つけて裁くべきだって直感的に思う。

でも政治的な流れの中で、指揮者に命令されて実際に手を下した人、
自分達が殺されないために、精神的に追い詰められて手を下した人、
中間管理職みたいな立場の人は、どうなんだろう?

たとえば日本での戦犯の話。
特にBC級戦犯とか。
勝者が一方的に敗者を裁いたとか言われることもあるけど、
なんで戦犯者を擁護するような議論がでるんだろう。

難しいことはよくわからないけど、
殺した人と殺された人の間では、殺した人は絶対に許せない存在で、
つかまえて裁くことが、ひとつの前への前進。
自分の家族、愛する人を殺されたら、同じ目にあわせてやりたいって
そう思うのが当然の感情だと思う。

でも、それを正義だとふりかざす第三者は、
本当に何が真実なのか。誰が悪いのか。ということを気をつけなければ、
例えばアメリカのように、正義の名を借りた暴力になりうることもあるということを
気に留めておかなければならないのだと思う。


この映画、オススメです★

私のコメントはネタバレにも何にもなっていないので、安心してください♪
というか、ドキュメンタリーなので、ネタとかオチとかないです(笑)
こういう事実があることを知って、人によって様々なことを感じるだろうなって、そう思います。

幸せは決して比較するものではないけれど、
世界に目を向けると、高度な医療を当然のように受けられる私が、いかに恵まれていて幸せなのかと実感します。

そして、生まれてきた以上、命がつきるまで何かしら、
やるべきこと、できることがあるんじゃないかと思います。

生まれてすぐに殺される運命だったとしても、
30歳で病死する運命だったとしても、
それはそれで受け入れるしかないけれど、
人それぞれ与えられた枠内で、精一杯生きる…
何を結果として残したかではなく、その過程に輝くものがあるのだと、
そう思います。


【2007/10/13 22:11】 | [再発]退院中雑記(2007)
トラックバック(0) |


いなここ
こんにちは。
>人それぞれ与えられた枠内で、精一杯生きる…
>何を結果として残したかではなく、その過程に輝くものがあるのだ
って、そう、わたしも、思います。
結果に目がいきがちではあるんですけど。。。

うみねこさんの文章はいつも優しくって、ほっとできます☆
いろいろなこと気に留めて生きていけるように私もなりたいです。

スケールは違うけど。
ユミコフ
先日のボクシングでの次男坊。
反則を繰り返す追い詰められた顔を思い出しました。
親の間違った期待(?)を背負い、「もし負けたら…」っていう恐怖心がもろにでていました。
絶対的な権力の下で間違いも正しくなる事の恐ろしさ。
足元をきちんと見据えて歩きたい。
上でも下でもなく横に並んで歩いたらいいのにね♪
(やっぱちょっと違った????かな?)

☆いなここさん
うみねこ
こんにちは!
私もついつい結果に目が行きがちで、この言葉は自分を言い聞かせるために書いたようなものです・・・。

私もいなここさんのブログを見て、わかるわかるって思って落ち着くことが多いです♪
少しずつ少しずつ、がんばろうね~

☆ユミコフさん
うみねこ
ユミコフさんだ(^-^)♪
お久しぶりです!!

ボクシング、なんであんなことしちゃったのかよく分からないけれど、お父さんやお兄さんの手前負けられないってプレッシャーがあったのかもですね。
1年後?には大人になって、セコイことせずに戦ってほしいです。

コメントを閉じる▲
「余命一ヶ月の花嫁」という乳がんで亡くなられた24歳の女性、
千恵さんのドキュメンタリーの再放送をやっていた。

日曜の午後、何気なくTVつけたら、たまたまやってた...
(何故かこういうことが多い!)
以前ゴールデンでやっていたのは、辛いから見なかったのに!

一度つけてしまったら、チャンネル変えられなかった。
彼女の笑顔に吸い込まれた。

がんである事実を告げたときの、彼の態度が感動的だった。
「がんだから、付き合えない。」
って彼女は告げた。
それに対して
「一緒に頑張ろう」
って彼は言ったようだ。

「なんで胸のない私を選ぶの?」
って彼女が聞いたとき、
「髪がなくても、胸がなくても、
 千恵が千恵でいてくれればそれでいい」
って彼は言ってた。

「治るか分からない、一緒に幸せになれないかもしれないから、
 付き合えない」
そんなふうな気持ち、私も同じようなことを思った。
「治らなかったら相手を不幸にしてしまう…
 そしてたとえ治っても、子供は産めないから。
 だから別れたほうがいいと思う」
そんなことを私は彼に告げた。

あのとき、心の中にあった2つの相反する気持ち。
「彼のことが好きだから、
 健康な人と結婚して、普通の幸せな家庭を築いてほしい。
 足手まといになりたくない。」
そんな気持ちと、
「やっぱり彼と一緒にいたい」
という気持ち。

きれい事を彼に告げながら、
心の中では、足手まといになっても一緒にいたいと願ってた。

彼女のパートナーは、一緒に戦う道を選んだ。
感動した。

私の場合は違ったなぁ。。

何が違ったんだろう?ってちょっと考えた。
私の性格がいけなかったのか。
彼が強くなかったからなのか。
愛が足りなかったのか。。

原因はわからない!

けどやっぱり、病気で辛いときには、好きな人の愛を感じていたい。
(この言葉、ちょっと照れる~)
ウェディングドレス着て、結婚式挙げたい。

彼と写った笑顔のドレス姿が、本当にキレイで素敵でかわいくって、
千恵さんの人生、ほんとに素敵で充実してたんだなぁ~ってちょっぴり羨ましくなった。

病気で若くして亡くなって、
どこが羨ましいの?って思われる方もいらっしゃるだろうけど。。
もちろん、悔しいこといっぱいで、いろいろ心残りだろうけど、
でも私は素直に、充実した人生だったんだなぁって思った。

心を許せるお友達に囲まれて、大好きな人と一緒に最後まで、
ドレス着て、結婚式まで挙げて、亡くなった。

なかなか24年間で運命の人には出会えないよ。
あんなに自分のことを想ってくれるお友達にも、
簡単には出会えないよ。

生きている間に、あんなふうに大切な人に出会えるかなぁ。。
私がどんなことになっても、
好きでいてくれる人。好きでいられる人。

やっぱり自分が変わっていかないといけないよね。
どんなときも、心をきれいにして笑っていたいな。


今この瞬間にも、病気と闘ってる患者さんが大勢いる。
一人ぼっちで戦ってる人だって、いると思う。

今よりほんの少しでも多くの安らぎと、
笑顔のひとときが過ごせますように。


【2007/10/11 22:41】 | [再発]退院中雑記(2007)
トラックバック(0) |


rider
誰が悪いわけでもなく、きっと縁だと思うよ。

それに、結婚が全てじゃないし。
 
彼女は若くして亡くなる運命だったから、神様がプレゼントをくれたんじゃないかな。


☆riderさん
うみねこ
コメントつけ辛い内容にコメントくださって、ありがとう!!

結婚が全てじゃないんですよね。。。他にもたくさん、仕事とか友達とかお酒とかネコと戯れるとか…、生きてて幸せに思えること、ありますもんね!

彼女は望みが最後に少しでもかなって、よかった~

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
名古屋から川崎に来られていた、
みゆぼんさん&さとぼんさんに会ってきました♪

4月に名古屋オフでお会いして以来、
半年ぶりの再会です。

行ったお店は、焼肉!
「写真撮る?」
「いらないよね?」
「それより早く焼いちゃえ」
って感じのノリで、”ブログ”より”肉”!!

お肉いっぱい、ご飯ものとデザートまで平らげて、
大満足!
お腹いっぱいでしばらく歩けませんでした^^;

お土産もいただきました!

IMG_0121.jpg

これ大好きなんです。美味しい!!
…中身は既に少し減っております。。

さとぼんさん、みゆぼんさんは、
本当に仲良し夫婦です!
結婚前のカップルのようなラブラブな雰囲気も残しつつ、
でも一緒にいろんなことを乗り越えてこられたからか、
熟年夫婦のような信頼関係も感じられて、
私が憧れる理想の夫婦(^-^)

いろいろ、お話しました!
でもどちらかというと、食べるのに夢中!?

優しいお姉さん、お兄さんに見守られているような(?)
なんだかそういう優しい空気で、
すごく居心地がよかった♪

IMG_0125.jpg

※モザイクつけられなくて、ペイントのスプレーにしちゃいました☆
汚くてごめんなさい。。。

ブログを通してこんな素敵な出会いがあって、
そして今ではもう、ブログ友達ではないですよね???
普通の友達だと思ってます。

これからも、貴重な出会いをひとつひとつ大切にしていきたいな。




【2007/10/07 18:09】 | [がん友☆出会い]
トラックバック(0) |

おひさしぶりぃぃぃ~~ん!
みーこです
あら~誰にあってきたのかと思ったら~!!
さと&みゆ じゃ~ないですかぁ~v-238
楽しい時間を過ごせたみたいだねv-266
うんうん!あのお二人、確かに、熟年夫婦のような雰囲気漂ってるぅ~!
私もまたみんなとお会いしたいなぁ~e-266

もっちろん!
みゆぼん
ブログ友達でなく、
大好きで大切な友達ですよv-10
っていうか大事な妹かなぁ~v-238
・・・いやもう食べた食べた。。。
名古屋在住ではありますが、もとが田舎者なんで??ボケボケでごめんなさいね~。
会えて嬉しかった♪来てくださって本当に有難う!
またお会いできる時を楽しみにしています。。。
楽しい時間をどうもありがとう!!

ありがとう
さとぼん
熟年夫婦のさとぼんです。
写真撮るより食べるのが一生懸命だったよね。
久しぶりに肉食べた~って感じでした。
普通の友達?いやそれ以上でしょv-10
これからも宜しくねv-221

☆みーこさん
うみねこ
きゃー。みーこさんだみーこさんだ。
みーこさんのお話もいっぱいしたよ~
また絶対みんなで会うよ!!
いつがいいかなぁー

☆みゆぼんさん&さとぼんさん
うみねこ
普通の友達以上!
妹!
嬉しい~!!
すっとお姉さんほしかったんです~☆

あえてほんとに、よかった。
人と再会することが、こんなに感動的だなんて
今まであまり知らなかった。
また絶対会うから!
次は名古屋に絶対行くので、
よろしくお願いします♪

コメントを閉じる▲
こんにちは。しばらくぶりの更新です。
元気にしてましたよ~

行ってきました。外来!

ちゃんとご飯食べてお水もいっぱい飲んでいったのに、
採血に20分もかかってしまった。。。
今まで酷使していたところが、血管炎で完全につぶれてしまっていて、
ベテラン検査技師さんでもダメ…
はぁ。次回の入院が思いやられます(>_<)

検査結果は、問題ナシでした!
今回はちょっと不安だったので、よかった~(^-~)♪

でも、次回の入院治療までのつなぎのため、
抗がん剤を飲むことになりました。
あー、いやだな…

あ、それから次の入院日が決まりました。
私の希望もあって、12月後半。
クリーンルームで年明けになりそう。
ひゃ~
ストレス溜まりそうだよ。。。

なんだか暗くなってきたので、違うこと考えます!

今日、ブログ友達に会ってきます!!
ふふふ。どなたでしょう??

楽しみ~♪


【2007/10/06 09:35】 | [再発]強化療法外来(-2007.11)
トラックバック(0) |


nekosimai
娘のメソメソもライン確保の時は大変でした。2時間っていうときもありました。さすがに、きつかったです。結局、ポートを胸に埋め込み、それを使ってましたよ。採血が時間かかるのはストレスですよね。


rider
私も年末に入院したから!
アレはアレでなかなか楽しいよ。
どっちみち何にもすることないんだけどね。
12月後半にしてくれたんだ!

ちょっとうれしい♪
 
きっと私も年末年始はヒマだからさ。
メールしようね!

☆nekosimaiさん
うみねこ
子供は血管細いから、辛いですよね…
私が子供の頃は、治療が軽かったから、血管もそんなにつぶれず、あと、看護師さんもずっと子供を相手にしているからか上手だったと思います。
見ている方も辛いですね。
私はマルクの度に泣き叫んでいたらしく、今でも母はよく覚えているみたいです。

☆riderさん
うみねこ
そうなんです!
希望通りましたーー。
行きますよ~♪

年末年始、いっぱいメールしますねっ♪

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。