はじめまして、戸田梨恵(うみねこ)です。 2006年7月から、白血病(ALL:急性リンパ性白血病)の治療をはじめました。 弟と妹から3座違うハプロ移植を2回して、今は寛解を維持しています。日々の出来事を綴っていきたいです。コメント、大歓迎です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

急性リンパ性白血病が再発してしまい、
私が化学療法のため入院していたときに、
病院にお見舞いに来てくれた大学院時代の男友達がいます。
彼は、6つ年下なのに、むちゃくちゃオトナなのだ。

一言で表現するならば、[しなやかな強さ]を持っている、貴重な存在。

その人は、何があってもほとんど動じない。いつも淡々としている。
理不尽なことがあっても、声を荒立てて怒ったり、私みたいにグチグチ言ったりすることはない。

例えば誰かがありえないことをして事を荒立てたとき、
取れる対策もない状態で、何人かで愚痴ったり、悪口を言ったり、怒ったり、する人いるよね?
ハイ、それは、私。

そういうとき、その人はすぐ諦めてその場から去る。

「文句言っていても仕方ないよ。やるべきことをやろう」
って言う。

おいっ、そんな簡単に諦めていいのかよ!って突っ込みたくなることが多かった。
けれど、彼がすっと身を引いて自分を主張しないときというのは、
必ず、自分の力でどうしようもないときだった。

どんなことにも柔軟で、適応能力があって、いつもニコニコしてる。
怪しいくらいにいい人にみえる。

いい人、ニコニコした人ほど要注意だと経験してきた私にとって、
そんな彼はそのままには映らなかった。

最初は、優しいだけの奴なのかな。何も考えてないのかな。って思った。
腹黒い私は、優しいふりして、いい人ぶって、実は性格超悪いんじゃないか。とも思った。
嫌なものからは逃げ、どうしようもないものからは目をそらすその姿、
一見、すごく弱くて、ふにゃふにゃした人間に見えた。

でも、実際は、ちゃんと自分の意思を持っていることが、判明した。

芯がすごく強いヤツ。

それって、むちゃくちゃカッコイイのだよ。

自分の力でどうしようもないことに、ムダに体力や時間を使わない。
自分が今やるべきことを一生懸命やるために、余計なことはしない。

それが「逃げ」でも「弱さ」でもなくて、とんでもない「強さ」だってことに、
気付いたのは、彼と出会って1年以上たってから。

私が再発時に入院していたとき、
ベッドの上でただただ無駄な時間を過ごしていると焦りまくっていた時期があった。

「入院したことで自分の時間がとれない、どんどん周囲においていかれて焦る!」

みたいな愚痴メールをその人に送ったことがあった。

そうしたら、

「焦っても仕方ないって一般論としてはいえるけど、本当のところはその人になってみないと分からない。
でもあえて自分の立場から言うならば、
考えて答えをだして解決する問題でなければ、悩んだって仕方ないよ。
吐き出してすっきりすることなら誰かに吐き出してストレス発散すればいいと思うし、
そういう愚痴ならきくよ」

という返事がきた。

そのとき、
今までから友達だったのに・・・

「コイツ、強えー!」

って。
これまでのコンニャク言動が、全て意味あるものとして私の頭の中で再構築された。
びっくりした。
逆の意味で、焦った。

私はすぐに、ちょっとしたことでイライラしたり落ち着きを失ったりして、
後から思えば無駄な労力を使ってしてしまうことが多い。
イライラを埋めるために、誰かのことを批判して、自分を正当化してみたり、
買い物をしてストレスを発散してみたりして、心の安定を図っている。

「強さ」とは、弱いものを言葉や力で攻撃することじゃない。
弱いものをいじめたり、従えるたりすることでもない。

「コンニャク」こそ、何よりも強い。
どれだけふにゃふにゃしようが、揺さぶられようが、崩れることはない。
そして、元の姿を知っていて、しっかりとそこに戻る。
柳のようなしなやかな強さ。

その姿を、目の当たりにした。

スポンサーサイト

【2011/11/29 23:29】 | [言の葉]言の葉
トラックバック(0) |
第一回おしゃべり会は、私の遅刻から始まりました。
駅に行って電車に乗ろうとしたら、定期がない!
あわてて戻って電車に乗ったものの、5分以上遅刻してしまったのでした。

当初、私を含めて4名の予定だったのですが、
お1人が体調を崩されたため、
レストランでランチを食べつつ、3人でのおしゃべりとなりました。

遅刻した私がおそるおそる席に行くと、
すでに盛り上がっているではないですか!?

いやー。よかったです(^-^)

今回は、白血病を克服した患者さんだけではありませんでした。
みなさんがん患者さんで女性です。

不妊について、閉経後のパートナーとのセックスについて、
また、その他もろもろいくつかの壁をどうやって乗り越えるかなど
私もすごく勉強になりました。

もちろん今挙げたのはおおざっぱな内容で
他はシークレットなのですが、

不安や疑問について明確な答えがそこにあるわけでもなく

けれども、先を歩いている人のヒントだったり、

ただ話を聞いてもらう中で自分の中で整理できることだったり、

私はそういうものを感じましたし、

実際に参加された方からも思い切って参加してよかったと言っていただけたので、

そういう意味でも、美味しいランチを食べながら時間をすごせてよかったと思います。

閉店ギリギリまでしゃべり倒し、

話足りないことはまた次回にもちこしということで☆


私はね、もっと世の中に想像力っていうものがあれば、
傷つく人たちも少しは減るんじゃないかと思ってます。
今の世の中、想像力がなさすぎで、
自分が経験したこと以外はすべて、想定外としてしまうのは簡単だけど、
それでは傷つく人が多すぎるのよ。
「もっと想像力を持て!」
と叫びたい。
私も自分を振り返りながら、想像力を磨きたい。

☆参加表明してくださった方たち、ありがとうございます。
今回参加できなかった方、また次回企画しますので
そのときに参加お待ちしていますね!


【2011/11/26 12:44】 | [日々のこと]
トラックバック(0) |


もなか
先日はありがとうございました!
とっても楽しく、病院の情報なども大変参考になりました。
また是非参加させていただければ嬉しいです♪

想像力って大事ですよね。自分中心の相対的な価値基準じゃなくて、もっと大きな視点で相手のことを見てくれる方が増えると、傷つくことが減るんじゃないかなーと思います。自戒も込めて。


☆もなかさん
ニナ
先日はありがとうございました♪

またまたやりましょう(^-^)

私ももなかさんと話せて
すごく参考になりましたー☆


mika
先日はありがとうございました☆

参加する前は少し緊張しましたが、
笑いながら話すことが出来て参加できて
よかったです!

また参加出来たら嬉しいです。




☆mikaさん
ニナ
ゆっくり話せてよかった。
うん、笑って話せましたよね。
やっぱり、泣いたあとは笑いたい。

また会いましょ♪
企画します(*^^*)


peony
あれれ、アドレスはいっちゃったみたい(>_<)消してくださいね。わかってなくてごめんなさい。

☆peonyさん
ニナ
朝消しました!
そうなんです、声かければよかったですね。。
また開催予定なので、その時は是非☆

コメントを閉じる▲
(第一回)「泣きながらおしゃべりする会」 11月23日(昼のランチタイム) おしゃべり開催

★この記事はしばらく上にきます。更新される日々の記事は下をごらんください♪

うーん。ネーミングセンスないな 笑
誰か助けて!

私たち、あらら?っていう病気になったけれど、
今こうして生きています。

告知されたあの時、たくさん泣いたよね。
病室で悔しいこと痛いことたくさんあって、泣いたよね。
今だって、悲しくて泣くことがあるよね。

でも、嬉しくて泣くことだって、過去にはあったし、これからまたきっと…あるよね。
今はなくても、これからありますように。と…


だから、この「泣きながら」は、悲しい涙だけじゃないんです。
嬉しい涙、笑い泣きも入ってるんです。

辛いこと話して泣いて、面白くておかしいこと話して泣けたらいいよねっ。
それで、スッキリして終われたらいいなぁ。

そう思ってつけちゃいました。

はい、ダメだしはコメント欄へどうぞ~。



メールやコメントいただいて、仕事中いろいろ考えてました。
←仕事しろよっ、仕事(笑)

男性からの参加表明は、ちゅんさんのみでした。がーん。
ちゅんさん、すごくいい方だってのをお会いしてしっているから、
私は男女関係なくいきたい気持ちもあるのだけど、
1回目は女性限定のほうがおしゃべりしやすいと思って女性のみにしますね。
☆ちゅんさん、ごめんなさいー。
また東京来るときは、教えてください。ご飯食べましょう~別企画しますっ。


参加表明してくださった方、ありがとうございます☆


今のところ、連絡くださった方は治療中ではないようなので…
治療して間もない方がいらっしゃったら考えます。
←これは、合わせますので、変動します。
 参加希望で、お店はダメって方がいたら遠慮せずに教えてください。

日時ですが、11月23日の昼@東京です。
昼間のランチとお茶ですねっ。

さぁ、皆で泣きませんか?
*泣くならやっぱりどこか借りるか個室よね?

引き続き、参加者募集していますので、
参加希望の方は、右のメールフォームからこっそりと、

(1)お名前
(2)連絡先アドレス
(3)免疫事情(新宿みたいな人ごみNGとか、普通のお店OKとか、マスク着用中とか、
   体力ないとか、カツラ着用中だから個室がいいとか、いろいろっ!)
(4)その他いろいろ(場所はこういうところがおしゃべりしやすいとか、生の声)

を戸田仁奈まで教えてください。

直前まで募集しています。
私は普段、遅くまで飲んでますが、そういうことはしないのでご安心を~笑

お願いっ、私ひとりになったら怖いから、みなさん参加してください☆







追記を閉じる▲

【2011/11/23 23:16】 | [白血病に関する情報]
トラックバック(0) |

が~ん(´;ω;`)
ちゅん
やっぱ女子会なのね。
「泣きながら」じゃなくて「笑い飛ばして」ぐらいの時にお呼びくださいませ。
東京は先週行ったばっかりです。踏んだり蹴ったりってやつだな。
12月初旬?には行く予定なので、決まったらお知らせします。




☆ちゅんさん
うみねこ
おっ、ダメだしきたっ。「笑い飛ばして」かぁ・・・それもいいなぁ。じゃあ「笑い飛ばして」の会を12月にしようか?
ってか、どうせ11月だと来れないんじゃないか~。

12月、決まったら教えてください。
今回の試みは本当にごめんなさい!


お久しぶりです
noa
ずっとブログサボっておりました。。
コメントありがとうございます!確認したら9月のコメントでした(ーー;)
ブログって毎日更新でもするくせ付けないといつも1カ月置きになってしまう私です。。


泣きながらおしゃべりする会すごく良いですね!
前の記事で「不妊に悩んでいる未婚の子宮摘出した方」の話をされてて、私はどちらかというとそういう同じピンポイントの悩みを持った人と話す機会があったらなぁといつも感じています。
血液系の方とも涙ぐむ程の辛い経験、ホント一言では語れない想いが私たちにはありますよね(笑

私も東京に引っ越したいなぁと戻る事を夢見ていましたが、実際家事手伝いの体力貧弱な娘なのでなかなか思い描く通りには行かず。。何よりまた病気になった場合・・・なんて考えちゃって何も手に付きません。
うみねこさんは仕事されてるんですもんね!私は自立も出来ず、再発以降周りも敏感になってしまい、親が死んだら何も出来ないし不安で手に付かない状態になってしまいそうな程、自信も無くしてしまってます。

こういう話って同じ病気や経験していないとなかなか理解もされないのでいつも頭の中でず~~っと考えてしまったり。
私もタイミングがあれば12月など参加したいなぁ。

ちょっと出かけるのでまた来ます(*^ω^*)!

☆noaさん
うみねこ
同じ悩みを持った人たちで話せると、本当に何かふっと楽になれるときがありますよね。

私は最近ようやく働き始めました。けれど、元々いた会社ではないし、ストレスも多いです。また病気になったら?ということも。。一方で、ご両親の世話になっていると不安ですよね。。。私もそうだったからすごくよく分かります。

> 私もタイミングがあれば12月など参加したいなぁ。
タイミングが合えば、是非おしゃべりしたいです。

管理人のみ閲覧できます
-


管理人のみ閲覧できます
-



ちゅん
今月行けなくなってごめん。
1年ほど、海外行くことにしました。
今までありがとね。


☆ちゅんさん
ニナ
こんにちは。海外に行くんですね!
新しい場所で気分を新たに、過ごせますように。
帰国を待っていますね☆

コメントを閉じる▲
帰宅してから、部屋の掃除をしていました。
いらないものは捨ててしまおうと。

昨年、つきこちゃんからもらったクリスマスカードがでてきました。
プレゼントと共に送られてきたサンタクロースのクリスマスカード。

つきこちゃんは、私のブログの横のリンクから
「てんとうむしが飛び立つように」 です。

つきこちゃんが、亡くなった時は、
ただでさえ、いくつかのストレスが押しかかっていたこともあってか、
本当に真っ暗闇で、
震災直後で多くの人が亡くなり大変だった中、
私はつきこちゃんのことしか頭になかった。

笑顔でウェディングドレスを着ている花嫁と
駆け回る孫を見守る親や
幼い子供を抱っこする奥さん…
その歩みの違いの訳は、一体どこにあるのかと
何がいけないのかと


でもだからといって、人より少し短い人生が幸せじゃなかったなんてことはないのだと
白血病だということは、何も人に言えない病気ではないのだと


そして、私はこれからどう歩めるのかと


いろいろなことが常に頭の中をぐるぐると回っていました。

これまでどれだけつきこちゃんの存在に頼って、癒されてきたかを強く強く思い知りました。
どれだけ、大切な友達だったかを知りました。

病院の面会でしか、会ったことがなかったね。
でもいっぱいメールしたよね。

つきこちゃんは、ちょっとICUに行ってくるね・・・
そのメールだけを残して、
私がのん気につきこちゃんが戻ってくるのを疑わず待っている間に。
飛び立ってしまいました。

いつか行くねと約束していた土地へ、
もっと早く行けばよかったのに

そこにはぬくもりが残っているけれど
姿かたちはもう見えなくて。
声もきけなくて。

でもそこにいるような気持ちになるのだけれど、
それでもやっぱり寂しくて。

しばらく、何もやる気が起きずに、
私もつきこちゃんのところに行きたいなぁと、日々考えていました。

取材されたときなんかに
「それじゃあ、自殺したいなんていう人がいたら、頭にくるでしょう」
「命捨てるならくださいって思ったでしょう」
と言われるんですが、
私は別に頭にはこないんですよね。

そもそも、命・人生は、もらえるものではない、個人が生まれ持つ自由であるし、

余程辛いことがなければ、一線は越えないから
そしてその一線を越えるかどうかは、
ほんの些細なきっかけだったりすることもあるのだから
またその一線を超えることは、辛いことに違いないから。

実際、GVHDで吐血・下血して痛くて眠ることすらできないとき、
看護師さんに「こんなに辛いなら殺してほしい」と訴えたこともあります。
けれど、そんな楽にどうにかなる方法はなく。

助かっておいて
すごく罰当たりかもしれないけど、
自分だけ、今の現実に取り残された気がして
ひとりでは壁は乗り越えられないよと

じゃあどうしたら、だれにも迷惑をかけずに
ここから姿を消せるのかと

旅館を出ると、そこは一面の銀世界で
降る雪も私が産まれて初めて経験する感触で

もうこれ以上ひとりじゃ頑張れないよと
私は人生の最後までは踏ん張れないよと
どういう方法で、どこにいこうかと考えていた日々…

それからいくつかのことがあって、
ようやく、いつかつきこちゃんや、他の会いたい人たちに
再会できる日まで、
胸を張って生きようと思えるようになってきました。

そして、IMAGINE9.11の舞台に出演させていただきました。

私が生き残って、つきこちゃんが先に空に飛び立ってしまったことに
理由なんてなくて
でも、今私がここに生きているのだとしたら
私なりにできることを少しはしていきたい。

大したことはできなくても、
小さいことの積み重ねを少しずつ。

そこに目に見える姿はなくとも、
私は友達を感じているから、
きっと今ここにいたら応援してくれているから、
今はしばしの間、この現世界での心ある人たちとの触れ合いを大切にしつつ、
一日一日を大切に過ごしていきたいのです。



【2011/11/22 23:59】 | [特別な想い(^-^)]
トラックバック(0) |
今日、ドライアイ外来に行ってきました。

ドライアイ、休日、で検索するとひっかかった上野の病院に。

患者が選ぶ病院なんとかにも載っているみたいです。

受付で、
「初診です」
というと、しばらくして受付の方が
「初診ですか?本当に?」
としつこく聞くので
「え???」
と首をかしげていると、
「以前、墨田区にお住まいではありませんでしたか?」
と聞かれた。

どうやら、以前…10年前押上に住んでいた時に、行っていたらしい。
すっかり忘れ果ててしまっていたのでした。
きっとそのときも、ネット検索して行ったんだろうね^^

目に点眼をして、そのあと下まぶたに紙を5分はさんで、
涙の量を測るという検査をしました。

その結果、かなり涙量が少なかったのでした。
目やにが酷いのも、そのせいなのでした。

ただ、先生が言うには、見た目の診察では、GVHDが原因ではないとのこと。
移植後2年以上たっているなら、違うんじゃないかとのこと。
GVHDが原因だと、もっと涙点?とか涙がでる大元の所が委縮してしまっているとのことでした。

本当?
2つめの、2年以上たっていたら、っていうのは、
がんセンターの先生たちが言っていること…
つまり、慢性GVHDは何年かたって突然でてくることもある。
ドライアイはよくあること。
というのと違うので、本当かな?と疑ってしまったのでした。

まぁでも、今更原因を知ったところでどうしようもなく、
私がドライアイだということは確定したので、
2週間は、点眼を1日に6回して、よくなるか様子をみることになりました。
その間はコンタクトできないんだって。。。
ショックです。

とりあえず目薬でよくなるか様子をみて、
コンタクトを付けたいということであれば、
やはり涙点プラグをいれることになるみたいです。
そこは今後の相談と診察によることになりました。

結構高い目薬なんです、これが。
ひとつ高い薬がなくなったら、今度はこっちですか?みたいな。
もしこれでよくなるなら、この目薬をずっとして、
コンタクトはつけられないとうことになってしまうので、
コスト的にも、QOL的にも嫌なので、
やっぱりプラグなのかなぁと思っています。

まぁでも、原因がなんであれ、
助かった命だから、これくらいは許容しなきゃならないのかな。。。
と思っているのですが、
本当に心からこの事実を受け入れられるかどうかは
もう少し時間が必要かも。


【2011/11/20 23:58】 | [白血病に関する情報]
トラックバック(0) |
2か月ぶりの外来でした。

毎回の恒例となりつつある、銀座・築地ランチ。

どこにいくか悩んだのだけれど、結局、焼肉@天壇でロース&カルビ定食。

やわらかいお肉に幸せ気分♪



口内炎の話とドライアイの相談をしたら、GVHDでしょうね。。とのことであっさり終了。
ドライアイは、一度専門病院に行った方がいいですね、とのことでした。
先生にもどうしようもないんだろうね、きっと。

次回は、骨密度の検査をすることになりました。

血液検査の結果、帯状疱疹の免疫がそこそこあるとのことで、

ゾビラックスがなくなりました!

これで、病気関係の薬はなくなりました☆

ということで、2カ月に1回の外来で問題なくなりました。


戸田さん、あと一か月しか生きられないよ。

年を越せたらラッキーです。来年の桜は無理です。

積極治療できないあなたは、早くベッドあけてね。


突然個室に呼ばれて、さらっとそういわれてから、もう3年ですか。

あのときの衝撃や、感じた何とも言えない鉛のような気持ちは、

これからだってきれいに忘れ去ることはないけれど、

それでも心は随分平穏になった…かな?

そんなこと言われたって、私は助けてもらって生きてます。

奇跡キセキと言われるが、奇跡だろうが神様の気まぐれだろうが、

ここまで積み重なって生きていれば、奇跡が日常になるのです。

誰にだって起こりうるから、「奇跡」って呼ばれる事象があるんです。


ここまで、長かった。

薬がなくなったということで、ひとつ、大きく前進かなー。




【2011/11/16 23:48】 | [再々発]移植後外来(2009.4-)
トラックバック(0) |

良かったですね!
みほ
薬がなくなって本当によかったですね!ひとつの区切りですね。
私はGVHDで、重症ドライアイと診断されました。どこへ行くにも目薬が手放せないし、悩まされました。一時は目を開けていられないほどでした。今は涙点プラグと、涙点を塞ぐ簡単な手術をして、コンタクトをして問題なく過ごせています!早めに眼科で診てもらうといいですよ。
主治医は目ぐらいで済んでよかったって言うけど、目が乾くってほんとに辛いですよね。。

☆みほさん
うみねこ
目はいつも充血していて、本当に辛いです…。週末、病院にいってきます!
本当に一区切りです。ありがとうございます♪

コメントを閉じる▲
ここのところ周囲が、結婚&出産のお祝いラッシュ!!

今日は元職場の知り合いに子供が産まれたということで、お祝いでした。

昔働いていた会社は本当に人間関係がよかった。
特に私がいたチームは、上司や部下という壁を感じさせないチームワークができていた。

それはプライベートで今でもつながっていて、今日は、グループ会社の社員に赤ちゃんができたことでお祝い飲み会。
既に転職し、長年の恋を成就させて新婚ほやほやのもと社員も参加。そんな彼にももうすぐ赤ちゃんが産まれる。

思えば桜木町の駅で、もう10年近く前にチーム飲みの帰りに、外国人の今日の主賓の彼は、大好きな日本人の彼女との将来について悩んで語っていた。
それは、つい先日のことのような気がするけど、そして結婚、もうパパになったとは、感慨深い。


そして、私の弟に第二子が産まれたと親から聞いた。思えば一人目ができたと聞いたのは、移植前の死と隣り合わせの病院のベッドの上。
白い病室で、枯れない涙はないんじゃないかってくらい毎日泣き続けていたのも、長い夜だったけれど、つい先日のことだと感じる。


数年ぶりに再会した先輩女性は、同じくいまだ独身を謳歌中で、昔と変わらない笑顔で私を「戸田ちゃん♪」と呼ぶ。
なんだか温かくて、嬉しかった。
戻れるなら戻りたいと切に思ってしまうよ、最近は。


昨夜、昔、うちのにゃんこと散歩したあたりをバスが通った。今、ここで降りたら、なにもかも元通りのあの頃に戻れるなら、降りたい気分になった。


不思議なのは、私の事情を知らない彼らがいくらのろけても意外と流せることだ。
耐えきれないほど抱えているのは、幸せへの嫉妬というよりは、女が女に対して抱く生理的な感情なのだと気付く。

まだまだくたびれちゃいけないんだ。


【2011/11/12 00:34】 | [日々のこと]
トラックバック(0) |
今夜は、満月の隣に木星が並ぶはず!だったのに。。。がーん。
曇っているよ…

そして、足がつってしまったので眠れません。
移植してからよくつるし、そのつり方が半端ないのだけれど、
原因不明。
カリウム不足かと注意して食生活見直してみても、
ポカリとか飲んでみても、治りません。

なんか原因があるのかしら。GVHDなのかな。
まあそんなに困りません。
一番不便なのはコンタクト。


そんな私に、ちなつちゃんからプレゼントが届きました☆

ちなつちゃんは、がん患者の交流会で知り合ったのですが、
独身、産めない、そしてお互い美しいということもあり(笑)
今や、私のお姉さんです。

私の大好きなスガキヤラーメンと、ご当地ワンピース・チョッパーの根付が入っていました。
入院中にも、よくスガキヤを送ってくれたのです。
もう、スガキヤを見るだけで思い出しちゃいます。あの頃を。

そして、私の心を見透かしたかのような、温かいメッセージ。

最近、いろんなことが上手くいかなくて、やらなきゃいけないことも全部それらのせいにして、そのまま放置。

なんというか…荒んでいた心が温まりました。

ありがとう、ちなつちゃん♪

先日は、職場が近所の乳がんサバイバーのwakkoさんとランチ。



病気になって、得たもので今はっきりしているものがあるとすれば、

それは人間関係かな。

もちろん、病気で失った人間関係も、見たくもないものを見たこともあるのだけれど、

本当に心から信頼できる人たち…心ある人たちに出会うことができました。

重いものを前提に置いているからかな?

この信頼というのは、なかなか揺るがない。

しっかりしている。

まるで、漬物石のようにね。


------------------------------
23日の会の場所が決まりました☆

もう2週間切りましたね。ドキドキ、ワクワクしています。

参加希望の方がいらっしゃったら、連絡ください♪


【2011/11/10 00:45】 | [日々のこと]
トラックバック(0) |

にゃっほ~!
ちなつ
まいど(*^^)/
ありがとね!私が美しいのは土踏まずぐらいかしら?(笑)
曇ってたり雨だと月が見えないね。そうか、満月の隣に木星が並ぶんだ。見てみたかったなぁ~
ちょっと違うけど、満月にねぇ、お財布をフリフリしてありがとー!って言う会があるみたいよ(爆)
んで、足がつるの、不愉快よね(+_+)寝る前にマッサージとかストレッチしてみるとかは?

スガキヤ、喜んでいただけて何より(*^。^*)
スガキヤに食べに行ったり、スーパーで見かけると、うみねこちゃんを思い出すのよ~
スガキヤのメニューにも野菜たっぷりラーメンっつーのがあるから、
うみねこちゃんも野菜をたっぷり入れて食べてね~
これ食べてお腹も心も満タンになるならいつでも送るよ~(^^)v

より良いものって思うと、完璧を求めすぎたりして、色んなものが上手くいかなかったりする事もあるよね。
満腹まで食べて苦しいとしょっちゅう言う私に、うちのばーさんは腹八分目と良く言いました。
おかげで彼女は長生きだったけどね。
気持ちも先ずは八分目ぐらいにして、そこから詰めていっても良いんじゃ?
車のハンドルに遊びがあるように、必要な遊び、無駄、余裕も必要かと。
・・・とエラそうな事書いて、今日もお昼は満腹まで食べて苦しかった私ですσ(^◇^;)

☆ちなつちゃん
うみねこ
ありがとうーー。

スガキヤみると思いだすのね^^
本当によく送ってもらっていたもんね。
病院では本当にあの贈り物は嬉しかったです。

八分目かぁ。
八分目で止めるのはむつかしいよね。
何が八分目かわからないから。
満腹にしちゃうというのは、何か原因があるのかな。

足は最近、温めてほぐしてから寝るようにしているのだけど、それでもつるときはつっちゃいます。。。
困ったちゃんです^^

コメントを閉じる▲
焦ると、上手くいくことも上手くいかない。

焦るな、じっくりと。

とはいっても、ある程度の焦りは必要なのだとは思うけど、

どうにもならないことで焦ってはいけない。

大事なときには、なおさら、今が時かを見極めることが大切。


焦りすぎてここまで来てしまった感がある。

そして未だに焦っている。

それはまだ、落ち着く場所がないから。。。


口内の違和感が消えなくて、小さい水泡ができていて、

舌も感覚がなくて、不思議な感じ。

食事しても味が完全には分かっていません。

それに食べていると、固めの食べ物だと口内がすぐに荒れて、痛む。

美味しいお酒とご飯を早く食べたい!

目の痛みも酷くて、ガサガサするのでコンタクトが入れられない…。


慢性GVHDだから仕方ない、ハプロ移植したんだから仕方ないって言い聞かせてみても、

些細なことだけど、積もってはストレスになって、いらいら。


そんなときは、布団の中でのんびりゴロゴロするようにしています。

そう、布団の中でどんな夢を見ても自由。

お気に入りのタオルケットにくるまって、布団の中にいるのが一番幸せ!

このひと時が、長く続きますように。。。





【2011/11/08 21:07】 | [日々のこと]
トラックバック(0) |
なかなか、プライベートも会社も、思うようにはいかないもので。。。

そして、中途半端にいろいろやろうとすると、不器用な私は全部転んでしまいそうです^^

でも、人より才能あると思うのは、簡単に物をあきらめないしぶとさかなぁ。


週末は、合唱の練習に参加してきました。
来年の8月に第9をサントリーホールで歌うというやつです。
合唱って、大勢で歌っていても、ひとりひとりの声はちゃんと響いているから、
逆に一人の音が目立ってしまうこともある。
ひとりだけ発音がおかしかったり、音をはずしてしまったり・・・それがすごく目立つ。
結構ね、こういう練習は楽しいです。

残りの時間は、充電してました。
心の充電と体力の充電。

最近、口の中が荒れていて、口内炎とまではいかないのだけれど、
水ぶくれができていて、ちょっとした味覚障害なんです。
もう1週間くらいになるかな。。。
GVHDかな?

実は、もしかしたら大切な人ができるかもしれなくて、
少なくとも相手の人は、私のことをある程度知ったうえで
大切な人だといってくれています。
*あ、別に結婚とはそういうのではない。

でも、大切なものを持つことや、心が帰る場所を持ってしまうことで、
それがなくなったときのことを想像すると、
些細なことに注力しては怯えて、
なんだか怖がっている私がいます。

さぁ今週も笑顔で乗り切って行きたい♪

-------------------------------------------------

いつか振り返った時に

この道に胸を張れるように

真っ暗やみの森がずっとずっと永遠に続くと

そう信じていた

この暗闇を手探りでもがきながら

こぼした涙は 海に消え

数え切れない悲しみも 流れた

この涙が途切れることはないと 身体で覚えた

暗闇ではだれもが目を閉ざし

遠い水面からは

のりきることのできない試練はないなんて言葉が

まるでお時話のヒロインのような

歯の浮くようなセリフに辟易してしまったよね

今もまだ 出口は見えているだろうか

光は見えているだろうか

わかっていること それは

ゴールのない深海をただ歩いていく そのことを胸に
                               (c)戸田仁奈

【2011/11/06 23:23】 | [日々のこと]
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。