はじめまして、戸田梨恵(うみねこ)です。 2006年7月から、白血病(ALL:急性リンパ性白血病)の治療をはじめました。 弟と妹から3座違うハプロ移植を2回して、今は寛解を維持しています。日々の出来事を綴っていきたいです。コメント、大歓迎です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私が補充しているホルモンパッチについて記事にします。

入院していたタイミングでホルモン剤(シール)が切れてしまった。
そしてなんだか、肺炎とは別に体調が悪かった。

婦人科の先生からは、辛いでしょう。薬がなくなる前にくるのよ。
といつも言われているのだけど、
またもや、なくなってしまう前に通院できなかった…

私の身体は全くホルモンが分泌されないので、
少しでも補充しないと日常的に不便なことになる。
していてもなかなか体調が上手くいかないときがある。

更年期症状は個人差があるけれど…
*私たちの場合は年齢とともに自然にホルモン分泌が減るのではなく、
バサッと全く分泌されなくなってしまうから、正確には違うのだろうけれども

私の場合はホットフラッシュ…これは、突然暑くて暑くてたまらなくなり、酷いときには滝のように汗がでて止まらなくなる。
例えば、暑いところから、クーラーの効いた室内に。
また、寒いところから、電車の車内に入ったときに、汗が滝のように流れて髪の毛がびしょびしょにぬれてしまったり、暑くて服を脱ぐと今度は急に寒くなったりする。

また、うつになってしまったのも、ホルモンが一因ではないかと婦人科の先生に指摘されました。
更年期うつというやつですね。

それから、子宮と膣が収縮して、膣が乾燥しまっていました。

あと、将来の危険性としては、骨粗しょう症とか。

私が先生から教えていただいたことを、今思いつくまま挙げてみました。

私が使用しているのは、飲み薬ではなくて貼り薬です。
エストラーナというのが、卵胞ホルモン(エストロゲン)を補充するための薬です。
メノエイドコンビパッチというのが、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの両方を補充する薬です。
メノエイドコンビパッチは、冷暗所保存です。

20120126_001815.jpg


20120126_001717.jpg

この二つを合わせて、月経周期にもっていきます。
これを、1.5週間に3枚ずつ張り替えます。

少し複雑なのですが、覚えると簡単。

たとえば、月・金・月とエストラーナを卵巣or子宮のあたりに貼ります。
そのあと、その週の金曜日から、金・月・金とメノエイドを貼ります。
そうすると、最後の金曜日の週末くらいから、数日間出血が起きます。
気持ち的に、私は生理と呼んでいます。
翌週一週間はシールはお休みで、その間に出血は止まります。
これでトータル4週間になりますよね。
そしてまた次の月曜から新たな周期が始まります。

飲み薬と貼り薬のどちらがいいかをはじめに聞かれたのですが、
貼り薬のほうが肝臓への副作用が少ないということと、
飲み忘れが少ないということで、
私は貼り薬を選びました。
面倒くさがりの人には、貼り薬は本当に楽です。
温泉に行っても、普通は隠す場所なので大丈夫です。
エストラーナは、肌色の直径3センチくらいの円形サイズの絆創膏のテープみたいなもの。
メノエイドは、色が透明というだけで同サイズのテープ。
見えても、余程近づかない限り目立ちません。
誰も、近づきませんから!

頻度としては、2カ月に1度通院しています。
診察とお薬合わせて、約2000円です。

鬱は少し補充を忘れたくらいでは、自覚症状はないけれど、ホットフラッシュはすぐに現れる…。
膣の収縮に関しては、補充前よりはよくなったけれど、それでも大切な人とセックスというのは、困難で相手の理解が必要だろうと思います。
分泌物が足りないので、どうしても課題があるよね。
これは、なかなか、若い人だと伝えることは難しいけれど、理解してもらわないといけないことだと思います。
理解がしてもらえることで、大切な関係を築けるのだと思う。

補充はしていますが、それでも血液検査すると、健康な女性に比べると足りていないホルモン量なのです。

その数値を見ると女として悲しくなりますが、この身体を大事にしていこうと思います。

白血病患者さんで、今はどうなのかわかりませんが、
数年前は、私の歳ですらホルモン補充を先生からはすぐには勧められませんでした。
*病院によるとは思いますが

40代後半などある程度の年令の方は、抗がん剤で生理が止まってしまい、そのままという方もいました。

婦人科系の病気だと、ホルモン補充を先生から提案してくださるように思いますが、
白血病患者さんにも、横の連携をとって、婦人科受診を提案してくださるといいなと思います。
私の母が子宮筋腫になりましたが、母の年齢ですら手術後ホルモン剤を飲んでいます。
そのくらい必要なものだということですよね。

若い人に限らず、婦人科のアフターケアがあればいいですね。

スポンサーサイト

【2012/01/25 23:53】 | [再々発]ホルモン補充療法
トラックバック(1) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。