はじめまして、戸田梨恵(うみねこ)です。 2006年7月から、白血病(ALL:急性リンパ性白血病)の治療をはじめました。 弟と妹から3座違うハプロ移植を2回して、今は寛解を維持しています。日々の出来事を綴っていきたいです。コメント、大歓迎です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精神腫瘍科ってご存知ですか?
がん患者を専門に診る精神科です。
簡単に言ってしまうと、がんのことをよく知る精神科医でしょうか。
がんのことも知っているので、抗がん剤との飲み合わせも考えてくれますし、
がん患者が抱える仕事や外見、お金などといった悩みにも理解があります。

私は普通の精神科にも心療内科といわれるところにも(これらは中身は同じですね)、
がんセンターの精神腫瘍科にも、随分お世話になりました。

時には薬が大量にほしくて、
病院をかけもちして大量に睡眠薬や精神安定剤を処方してもらい、
服用していたこともありました。
服用しなくても持っているだけで安心できました。
よくないことだなんて、言われなくても分かっています。
けれども、やめられなかった。

昨年の初めに肺炎で入院しました。
具合が悪くなったのがちょうどアンビリーバボーの収録の最中で、
放送では入院前に撮ったものと退院後の映像が混ざっていますが、
入院前は熱を解熱剤で無理に下げていたので、
その部分は私の笑顔がひきつってます(笑)

そのときは、移植後のGVHDからおきた肺炎ではないかと疑われのですが、
結果は「誤嚥性肺炎」という
物を飲み込む力の衰えたお年寄りがなる肺炎という診断で、
睡眠薬を大量に飲みすぎたのではないかと指摘されました。

睡眠薬を大量に飲むと、飲み込む力が衰えているので、
寝ているときに唾液が肺に入り、通常唾液に含まれる細菌が肺で繁殖して
身体が疲れていると肺炎になる・・・といった説明だったかなと記憶してます。

当時、結構いろんなことが辛くて
睡眠薬を大量に飲むといったことをしていたため、
それが原因でしょう。

今考えても本当にばか。
でも、自分でも私って精神的に強い方だと思うのだけど、
そんな私でも治療が終わって今の仕事や友人に出会うまでは
出口の見えない日々だった。

ただ、
私みたいに睡眠薬を大量服用するのはよくないけれど、
必要に応じて睡眠薬や精神安定剤を服用するのはいいことだと思ってます。
まだここには書けないこともあるけれど、
私は適度な使用ではかなり支えてもらった。

やっぱり、がんになったということや、がんの治療に関して起きるアレコレは、
どれだけ心が元気な人でも、一気に疲れてしまう。
疲れてしまったまま、元に戻らない人も多い。

私は、がん患者の知り合いに精神科や睡眠薬を勧めることがあるけど、
中には「絶対に睡眠薬は飲まない」と心を決めている人もいる。
その人が悪いとは言わない。
けど、精神科に対して悪いイメージを持っているのだとしたら、その必要はないよといいたい。

心の病も病気であって、誰が悪いわけでもない。
がんになるのが、本人の責任ではないように、
心の病気になるのも。本人の責任ではない。

私は安定剤や睡眠薬を使ったことで、心が落ち着いてより眠れたし、
それで治療が上手くいった部分もあったと思う。

特に精神腫瘍科の先生は、がん治療の薬との飲み合わせまで判断して
処方してくれるので、その点も安心だ。

がんになった人の多くが心の問題を抱えているのは事実。
治療が終わったらそれで終わりではないのに、終わりだと誤解されがちなのも事実。
日本人は我慢強くて、実際に病院に行く人は多くはないでしょうが、
一人で悩んでいる人も多い。
特に一人で悩む男性が多いそうです。

精神腫瘍科にかからなくても、辛いときに辛いと言っていいんだと思う。
私も人のことを言えないけど、泣いて笑って気持ちをはきだせる人をみつけて、
発散できるといいですね。

GWは暦通りの休みではないですが、
新しい出会いが多くなりそうです。

Have a nice holiday!
スポンサーサイト

【2013/04/28 10:12】 | [白血病に関する情報]
トラックバック(0) |
4月になりました~。
桜を見ると思い出したくもない言葉を思い出して、切なく悲しくもなるのだけれど、やっぱりウキウキします。

やっぱり私は一生疑問に思っていくのだろう。
何故「来年の桜は絶対に見れません」と言ったのかを。
絶対と言ったけど生きてるじゃないかという疑問ではない。何故親しくもなかった医師が、桜を比喩にしたのかという疑問だ。

あと●か月くらいしか生きられないかもしれない。
だから、心づもりや準備をしておいてください。

そういう淡々とした表現ではなく、なぜあえて桜の話をしたのか?
その割に、一方的に病院を出ていくよう伝えてフォローもなくその場を去ったのか。

最近取材したある病院の先生は、とても患者思いの真摯な方だった。
余命告知という言葉自体に疑問を感じており、予後について話し合うのは大切なことだが、一方的に医師が患者に話すという告知自体がおかしいとおっしゃっていた。

確かに、話し合うことができればそれだけで患者の残りの時間の過ごし方が変わってくるのだと思う。


最近、かなり幸せです。
ちょっとしたことで息切れするし、身体は人より疲れやすいけれど、検査結果はたいして悪くない。

仕事もできてるし、ご飯を食べに行ったり、遊びに行ったり。
そしてあれから何度目かの桜を見ました。
私の病気のことなどいろいろと分かってくれていて、一緒にいてとても居心地のいい人と一緒に。

やっぱり理解してくれている人といると安らぐ。
幸せだと感じるのが怖くもあるけど、
それでもやっぱり幸せでいたいよね。

桜の下でおしゃべりしていたら、
日本酒が入ったコップに桜の花びらが一枚ふわりと舞い落ちた…!
こういうのが、映画のワンシーンにあるんだそう。
何の映画かな?
少し迷ったけれど、花びらごと飲んじゃいました♪


桜

【2013/04/01 18:28】 | [白血病に関する情報]
トラックバック(0) |


きみち
はじめまして、きみちと申します

「ホルモン補充療法(エストラーナテープ・メノエイドコンビパッチ)」で、検索しまして、ブログを拝見しました

うみねこさんに、少しお便りしたくなりまして、書いています
たぶん、同世代だと思います(38才・女性)

私は一番の問題は、原因不明の卵巣機能低下症で、第2子不妊症です(これも、私なりに、悩みはあります うみねこさんの文章にあった、’考え方のシフト’が難しいのが、たぶん理由だと思います)

パッチ貼付は、体調が良くなりますね 私も、ホットフラッシュが消えます 今は、ときどきプラノバールをもらい、加藤レディースクリニック系列の、石川県の婦人科病院に罹っています

望みはとても低いながら、不妊治療を続けています
不妊に関するうみねこさんの思いに、大きな力をもらいました

うみねこさんは、病気に負けてない方だと思いました
私は医療従事者(内科の医師)でもあり、日々患者さんに出会っています
まだ、ブログの一部しか拝見していないのですが、深いお考えに感心しています
診療にも生かしていきたいと思います
また、記事見させてもらうと思います
良かったら、よろしくお願いします





俊樹
幸せなひと時ってそう長く続くものではないですからその一瞬一瞬を大切にして行きたいですよね。

管理人のみ閲覧できます
-


☆きみちさま
戸田仁奈(にな・うみねこ)
コメントありがとうございます。
不妊は女性にとっては大きなテーマ。でも、同じ女性ですら問題のない人には理解するのが困難なテーマだと思っています。
一患者の思いをつづったブログですが、何かしら参考になるのでしたら幸いです。

また、コメントください♪

☆俊樹さま
戸田仁奈(にな・うみねこ)
人生の長さは限られていますからね・・・今ひとときが幸せならと思います。

ある歌を連想します
ごんぞう
日本酒の入ったコップに一片(ひとひら)の桜花・・・
そのシーンを思い浮かべると、ある歌を連想します。

嗚呼、玉杯に花うけて 
緑酒に月の影宿し
治安の夢に耽りたる
栄華の巷 低く見て
向ヶ丘にそそりたつ
五寮の健児意気高し

矢野 勘治 作詞
楠 正一  作曲

旧制第一高校の寮歌です。
 

☆ごんぞうさま
ニナ
ごんぞうさま、
その歌を読むと、情景が浮かんできます。
どうもありがとうございます。


コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。