はじめまして、戸田梨恵(うみねこ)です。 2006年7月から、白血病(ALL:急性リンパ性白血病)の治療をはじめました。 弟と妹から3座違うハプロ移植を2回して、今は寛解を維持しています。日々の出来事を綴っていきたいです。コメント、大歓迎です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちは。

週末、ホルモン補充のため婦人科にいってきました。
今通っているがんセンターの先生には、慶應大学病院がホルモン補充やっているよと教えてもらったんですが、
私は人づてで町の産婦人科に通ってます。
町といっても、結構人気の先生なので、予約は2か月前くらいじゃないととれません。
予約がとれないときは、薬だけ処方してもらっています。
予約さえできていれば待ち時間は1時間もかからず、快適です。

使っているのは今もかわらず、
エストラーナとメノエイドのシールです。

飲み薬だと飲み忘れてしまうので、シールはいい加減な性格の私にぴったり。

ホルモンを補充しているからには、ホルモン値を測らないといけないんだけど、
婦人科だと採血ができないから最近全然測ってません。
移植して何年もたつのに、血管がつぶれていてとれないんです。
今度、がんセンターの先生にお願いして、
がんセンターの採血のときに項目を追加してもらうことになりました。

ホルモン値、あんまり見たくないんです。
補充していても、通常値より低いから見るのが怖くって。
吹っ切れていると思っても、見たくないものってあります。
なかなか、乗り越えられませんね~。

でも、泣きながら新宿や新橋の不妊治療クリニックに通っていたころに比べると、
成長しましたね(笑)

開催する女子会で出会う女の子たち、
みんな同じような過去を抱えて、今は笑い飛ばしてます。
だから、いま不妊で悩む人たちにも明るい未来があるって信じてもらいたい。
大丈夫。
生きていれば、いつか笑って振りかえることができるから。
スポンサーサイト

【2015/01/20 23:33】 | [白血病に関する情報]
トラックバック(0) |
2回目の移植から6年。早かったような長かったような。
あのときはほんと、死が間近だった。
死ぬかもしれないことに精神が麻痺してしまい、
気力だけで明るく振る舞ってました。

今から思えば、普通の精神状態じゃなかったんだ。
何かにとりつかれたように、残された時間で何がしたいか、
何ができるかを考えてた。

今は、あの頃に比べたら体調も精神も落ち着いて
幸せ。
子供産めないから結婚なんて無理だと思ってたけど、
一緒にいて安心できるパートナーにも出会えた。

体力ははっきり言って昔のようにありません。
すぐに息切れするし、
疲れやすい。

でも、今があるのはほんとに幸せです。
あと一月しか生きられないから病院でていけといわれたとき、
受け入れ先の病院を探すために駆けつけてくれた昔の主治医とか、
可能性が低い治療でもやってみなきゃわからないと説得してくれた別の主治医とか、治療法がない今を作ってくれ私が生きてるか死んでるかずっと気にしてくれてた友人とか、
助けてくれたすべてに心から感謝します。

今生きてること、振り返ればほんとに奇跡。
当時は目の前のことに必死で、客観的にみれなかったけど、
白血病であんな状態で、よく頑張りました。

ありがとう!




【2015/01/16 23:52】 | [白血病に関する情報]
トラックバック(0) |
明けましておめでとうございます。

年末から10日間くらいのんびり休んで充電できました。

今年もいろいろ頑張っていこうと思います。

やりたいことはたくさんあるけれど、
移植後はどうも疲れやすいのか(ただ年をとっただけなのかも?)
なかなか手が回らず・・・。

無理せずに今を大切に生きることも大事ですね。
移植してから6年経ちました。
普通に生活していることが当たり前になりつつあるけれど、
こうやって生活できていることが奇跡だってことを忘れず
笑って楽しく暮らしていきたいです。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

【2015/01/07 22:19】 | [白血病に関する情報]
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。