はじめまして、戸田梨恵(うみねこ)です。 2006年7月から、白血病(ALL:急性リンパ性白血病)の治療をはじめました。 弟と妹から3座違うハプロ移植を2回して、今は寛解を維持しています。日々の出来事を綴っていきたいです。コメント、大歓迎です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日、婦人科に行ってきました。

前回の卵子採取時と同じく、セフェロンという排卵誘発剤を服用していました。
普通の人であれば、これによって排卵が誘発される…
つまり、卵が育つので、育った卵を採取する、という流れになるみたいです。

セフェロン内服した私の血液データは、E2(エストロゲン)値が一桁。
これは卵が全然育っていない(育つものがない)ということ。
他のデータも、卵巣機能が停止しているよう。

卵子採取にもタイムリミットがあり、血液内科の先生からは、退院中に抗がん剤を飲むことを提案されています。
もちろん、抗がん剤を飲めば、卵子は採れたとしても保存できません。

婦人科の先生にそのお話をすると、
「正直、またやっても卵子をとれる可能性はかなり低い。
 だとしたら、危険を冒さず治療を優先したほうがいい。」
と言われました。


私は最初、
たとえ1%ない可能性でも、かけてみたい。
抗がん剤は飲みたくない。
と思っていました。
そのことで母親とも大ゲンカ(-_-;)

でも冷静に考えてみれば、
今一番大切なことは、今の自分の生活を守ること。
それは、自分のベッドで寝て、朝起きて、外の空気を吸えること。
美味しいものを食べられること。
なんとか大学に通えていること。
もし再発してしまったら、今度こそ本当に危険で、
不妊がどうとか言ってられなくなる状況。

私って本当に強欲だ。
今までと同じように戻りたい、失ったものを取り返したい。
そんな気持ちについなってしまう。
完解しているからこそ、婦人科に通えているのに。
失ったものを探すことより、
今あるものを大切にしなければ。
それを守るためなら、きっぱり何かを捨てることも大事。
そういう時もある。

といいつつ、卵巣を保護する方法を試してみるかもしれません。
婦人科の先生に、
「卵子凍結を諦めたとして、もう閉経しているかもしれないとして、
 それでも今後の抗がん剤治療による影響を少しでも和らげる方法はありませんか?」
と聞いてみた。
すると、
「今までのようにピルを飲んでFSHを下げるという方法がひとつ。
 卵子採取しないなら、リュープリンという注射をする方法もある」
と提案されました。
どうするかについては、次回の外来で相談することになっています。

リュープリンという注射、抗がん剤の前に使うことで、抗がん剤の卵巣への影響を減らせるそうです。
ネットで検索してみると、治験レベル?で行っている病院もあるみたいです。

抗がん剤は細胞分裂の激しいところに効くということは
がん患者さんにとっては、周知の事実。
毛根と同じく、卵巣もその格好の標的となります。
この注射によって、人工的に閉経状態(卵巣機能停止)にもっていってから抗がん剤治療を始めると、抗がん剤の影響を受けにくいそうです。
そして、実際に機能が失われなかった女性が、
何もしなかった女性に比べて多いみたいです。

婦人科の先生が、
「卵巣保存する方法はいろいろあったのに、
 なんで早くこなかったんだ!?」
って言っていたのは、まさにこういうことだったのですね。。
でも実際、このような方法を提案している血液内科、
ほとんどないのではないかと思います。

このお薬、ネットで調べてみるとでてくる副作用が、
抗がん剤のそれよりも怖いし・・・
肝機能にも影響でるみたいだし・・・
いいお値段するみたいだし・・・

ただ、化学療法を始めたばかり、始める前の方には、
チャレンジするだけのものがあるかも。


私の場合は既に閉経していると言われているので、

・今更やってみることで得られるであろう利益
(やっても何の意味もない可能性大)


・起こりうる不利益
(肝機能が悪くなって治療に支障がでたら大変
 薬価が高い)


を比較して考えたら、微妙。。。
少なくとも、今まで通り、
治療前にピルを飲むことはやってみようと思います。
手軽だし、なにより精神安定剤です。
もうない機能と分かっているつもりでも、
病気を治すはずの抗がん剤を点滴中、
卵巣にダメージを与えていることを想像して辛くなるので。。



なんだか最近、別に子供産めなくてもいいんじゃないかと思う。
人間の身体のことなので、先生は今後「絶対」卵子ができない
とは言わない。
でも私のそれは、60歳で妊娠することがないとはいえない。
というようなレベルの話のように思う。

でもだからこそ、
0.0001%でも可能性があるなら・・・
としがみつきたくもなってしまう。
目の前の糸が切れると分かっていても、これこそは当たりかもしれないと、ついつい引き続けてしまうのだ。
別にすごくすごく子供がほしかったわけでもないのに、
失ってしまうものは、惜しくなるのだ。

でも自分自身に冷静に問いかけてみる。
元気になって、誰かと結婚できたとして、
子供を産む勇気があるか?
子供が何かの障害や病気を持って生まれてきたら、どうするか?
自分の病気やこれまでに使った抗がん剤の影響でないと言い切れるか?
もちろん、健康な人にだって、そういう可能性はある。
白血病は遺伝はしないとは言われている。
けれど、未だに解明されていない白血病という病気。
私は20年も経ってから、再発した。
そしてその原因は分かっていない。
抗がん剤もいっぱいいっぱい使っている。

もしも、
何らかの苦しみを自分の子供、もしくはその子孫が味わうのなら・・・
そんなことは、あってはいけない。と思う。

いつかもし、心を許せる人ができたなら、
その人に私はきっと、真実を打ち明けるだろう。
おそらく、泣きながら。
するとその人はきっと、こう言うだろう。
「子供が産めない?
 そんなこと関係ないよ」
って。

その日までは、今目の前にあることを一生懸命こなしていこうと思う。

スポンサーサイト

【2007/06/01 19:55】 | [副作用&悩み]不妊、脱毛..
トラックバック(0) |


いなここ
こんにちは。
『失ってしまうものは、惜しくなる』の、すごくすごくわかります。
可能性があるならしがみついてしまいます。私も。
奇跡的になんとかならない?って思ったりもしてしまいます。
『子供を産む勇気があるか?』それは、今はわからないです。。。
失ったものにばっかり目が行ってしまって、考えが至ってないんですよね、きっと。
私も今できることをがんばっていきたいなって思います。


うみねこ
私も自分に言い聞かせながら書いている部分が大きくて、
今日抗がん剤飲み始める日で外来だったんですけど、
本当はもうちょっと飲み初めまで伸ばしてほしくて・・・、
必要ってわかってても、
今後もエンドキサンとか使うのが辛くて、
先生に自分の気持ちが上手く伝わらないのもあって、
話していて泣けてきた。。。。
結局飲むことになったけど(笑)

いなここさんも頑張ってるんだ!って思うと
今までより頑張れてます♪

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。
『失ってしまうものは、惜しくなる』の、すごくすごくわかります。
可能性があるならしがみついてしまいます。私も。
奇跡的になんとかならない?って思ったりもしてしまいます。
『子供を産む勇気があるか?』それは、今はわからないです。。。
失ったものにばっかり目が行ってしまって、考えが至ってないんですよね、きっと。
私も今できることをがんばっていきたいなって思います。
2007/06/02(Sat) 17:52 | URL  | いなここ #-[ 編集]
私も自分に言い聞かせながら書いている部分が大きくて、
今日抗がん剤飲み始める日で外来だったんですけど、
本当はもうちょっと飲み初めまで伸ばしてほしくて・・・、
必要ってわかってても、
今後もエンドキサンとか使うのが辛くて、
先生に自分の気持ちが上手く伝わらないのもあって、
話していて泣けてきた。。。。
結局飲むことになったけど(笑)

いなここさんも頑張ってるんだ!って思うと
今までより頑張れてます♪
2007/06/04(Mon) 21:51 | URL  | うみねこ #FOTi0RoY[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。