はじめまして、戸田梨恵(うみねこ)です。 2006年7月から、白血病(ALL:急性リンパ性白血病)の治療をはじめました。 弟と妹から3座違うハプロ移植を2回して、今は寛解を維持しています。日々の出来事を綴っていきたいです。コメント、大歓迎です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多くのお友達、お知り合いが亡くなっていく。

白血病の、一般的な生存率といわれる数値からしたら、周囲で起きていることは当たり前で分かっていることなのだけれど、心は納得しない。

子供がとか、髪が~、更年期が~、とか言っていられる私は、白血病患者の中でもむちゃくちゃ運がよいのだと思う。

もっとお話したかった人が何人もいる。

メールやブログで数回のやりとりしかできなかったり、病棟で一言二言しかお話できなかったり、そんな方達もいた。
このことは、白血病患者さんだけいえることじゃないんだけど、
いつか、その素敵な人生観・価値観、そういったものに触れたいと、ゆっくりお話してみたいと思っていた人が、たくさんいた。


生きていたら、たぶん、すごくいろんなことを成し遂げそうな人、多くの人のためにいろんなことをできそうな若い人達が亡くなっていって、
人の命に差はないといえど、
やっぱり若くて前途ある人が亡くなるのは、
もったいない、悔しいと思ったこともある。


        


私よりも若くって、
この人だけは決して死ぬなんてことがあってはいけないと、
いつか公共の利益のために何かを成し遂げる人だと、
そう信じていた人でさえ。

強い人は、最後まで強い。

治療がひと段落着いていたときも、
辛かったであろう時期も、
その文章のトーンは傍から見たら、
特に変わることもなく。

でもそれは、私が勝手に作りあげたイメージにすぎない。


あなたからのチャットのメッセージに気付かなかったこと、ごめんなさい。
ひさびさにログインして、届いているメッセージをみたとき、
なくなったっていうのはウソだったんだ!って一瞬錯覚を覚えた。

でも、もう、メッセージは送れなかった。


・・・もう私からの言葉は届かない?


届いてほしい。


無菌室でひとりきりの辛さ、わかるから。
ただのブログつながりの私にも、病室にいるあなたにとって、何らかの力になれたんだって思ったから。
あのとき、気付かなくて何もできなかったこと、すごく謝りたくて。


でも、きっと、
周囲にはたくさん友達もいて、家族もいて、
私が気付かなかったことくらい、とっくに忘れていたよね。
ひとりで寂しかったってことは、なかったよね。

短くても幸せでカッコイイ人生だったよね。

あのときは、気付かなくってごめんね。

私はきっと、外の生活に浮かれていたのだろう、あの頃は。

私はこうやって、ここで告白することで、
心を軽くしようとしているのだと思う。

返事したくても、できない。
謝りたくても、届かない。
そんなメッセージを抱えていくのは、少し辛くって。

自分勝手でごめんなさい。


またいつか、続きを話したい。



ようやく最近、あなたの言葉の意味が、自分のものとして理解できました。

辛いとき、不安なとき、元気がないとき、
いつも前を見ていたあなたの存在に励まされてきたから、
どこかにいないのかと探してしまう。

そしてその轍は、はっきりとそこに残って、
私の心に映っているよ。

忘れることはない。


今はどこかに、生まれ変わっているのだろうか?
どこかで、笑ってるのだろうか?


心から、伝えたいのです。

ありがとう。

スポンサーサイト

【2008/07/17 21:00】 | [特別な想い(^-^)]
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。