はじめまして、戸田梨恵(うみねこ)です。 2006年7月から、白血病(ALL:急性リンパ性白血病)の治療をはじめました。 弟と妹から3座違うハプロ移植を2回して、今は寛解を維持しています。日々の出来事を綴っていきたいです。コメント、大歓迎です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大谷貴子さんの講演会に行ってきました。

血液内科の先生から、不妊の対策についてのお話もありました。

久し振りに大谷さんにお会いするのが講演会出席の目的のひとつだったんだけど、不妊対策のお話がすごくためになりました。

こういった先生が増えて、患者のほうと知識を得られるようになれたら、治療後に不妊で悩む男性も女性も減るのにと思う。
パワーポイントで映し出されるデータはあたりに厳しくて、見ていて泣けてきたけれど…でも勉強になってよかった。
そしてなにより、命を救うだけでも大変な治療に取組みながらも、血液内科医という立場で不妊になることの苦しみを理解してくれて、対策に取組んでいらっしゃる先生がいるのだという事実が、何よりも嬉しかったです。

男性なら身体に抗がん剤を一滴でも入れる前に、精子を採って冷凍保存がベスト。
採ったものを家族が運んでも凍結してもらえるそうです。

女性はそういうわけにいかないので、やはり最初に完解に入ったときだそうです。
それから、移植前処置の全身放射線のときに、卵巣を保護する方法。
抗がん剤の組み合わせによっては、それだけで不妊になりうるので、若い女性にはあまり使わないほうがいい抗がん剤の組み合わせもあるようです。
いずれにせよ、病気の分類や治療の進み具合や病院によって治療方針も異なるし、不妊はあくまで%の問題で、95%以上不妊とあっても可能性はゼロではないということ。
また、引き換えに何らかのリスクを受ける可能性もあるので、きちんと先生と相談して選択する問題だと思います
ただいずれにせよ、治療を始める前に知っておいたほうがいいことなのは事実ですよね。
まだ、不妊対策を最初からとっておくというのは、血液内科医の中ではスタンダードだとはいえないことだし。

大谷さんにも再会できました☆

夜は一緒に講演会に行った同じALL友達に、治療終了をお祝いしてもらいました!
焼肉おいしかったo(^o^)o

私たち、想うところが似ているし、普段は言えない毒も吐きまくってスッキリ!毒吐き効果はすごいわ♪デトックスってやつだよね(笑)

元気をありがとう。

また会っておしゃべりしたいです!

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。