はじめまして、戸田梨恵(うみねこ)です。 2006年7月から、白血病(ALL:急性リンパ性白血病)の治療をはじめました。 弟と妹から3座違うハプロ移植を2回して、今は寛解を維持しています。日々の出来事を綴っていきたいです。コメント、大歓迎です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は舞台と展示のご紹介です。
遅くなってしまいました、、、ごめんなさい。。

● IMAGINE9.11

● VOICE OF LIFE ~命のメッセージ展



newyork41.jpg
















去年も紹介させていただいて、そして、実際に舞台とメッセージ展を見に行かせていただきました。

ちょうど、再再発闘病中の病院を抜け出し、wakkoさんと行ったことを覚えています。

まさか、今年もこの時期に生きていられるとは思いませんでした。
年末の辛い移植闘病中、原作・脚本・演出を手がけていらっしゃる H,T,ISSUIIさまとお会いし、パワーをいただきました。
その後暖かいメッセージを舞台関係者の方々からもいただきました。
無菌室の中、いただいた言葉は心の支えになり、本当にうれしかったです。
コミック版も、舞台に負けず劣らず、感動するものでした。

本当に、オススメの舞台です。

VOICE OF LIFE のほうも、是非見てみてください

去年の記事はこちら


     一人だと思っていても、一人じゃない。
     離れていても、どこかに、応援してくれている人がきっといる。
     実際に手を伸ばして何かをすることができなくても、
     辛いときに心のそばに寄り添ってくれる人はきっといる。
     その存在が、痛いとき、辛いとき、どれだけ力になることか。
     だから、最期まで生きていけるんだと、そう思います。



l_05.gif

この舞台の存在をもともと私に教えてくださったのは、今は天国にいるTKさんです。

今年は残念ながら、体調のことがあり、舞台を拝見することはできそうにありませんが、
一人でも多くの方々にこの舞台を見ていただいて、
骨髄移植の存在を知っていただけたらうれしく思います

おもしろおかしく、でも、心にずっしりと伝わってくるものがある、そんな舞台でした。
今年は、どんな舞台になるのでしょうか?


l_05.gif

私は、骨髄バンクによる移植はできませんでした。
バンクに適合者が一人もいなかったからです。

日本でも数少ない病院で、兄弟からの3座不一致の骨髄移植を行って、そのお陰で今生きています。
3座不一致の移植を行ってくれる病院は、少ないために、
適合者がいないために、移植を受けることもできずに亡くなっていく人も多いと思います。

バンクによる移植だけではなく、今はさい帯血移植や、2座や3座違っても移植ができるように研究が進められてはいますが、骨髄バンクの登録者が増えることで命が救われる可能性が広がっていくことに間違いはないと思います。

正直なところ、白血病である私自身が、
「なぜ、人さまに登録してもらって、移植を受けてまで、生きようとしなければならないのか?あつかましくないのだろうか?」と疑問を抱いていました。

輸血とは違い、骨髄移植はドナーに多少の危険を伴います。
健康な人から提供を受けるわけですから、その人は有給で会社を休まなければならない、麻酔をして針をささなければならない、白血病になる危険がないとはいいきれない(ドナーになられたかたが白血病にその後なったというデータがあるのですが、その数はかなり少なく、それは、ドナーにならなかったとしても発症する方だったとも考えられるので、絶対大丈夫だとはいえないそうです)

人さまの造血細胞をいただかないと、自分で自分の血を作ることができないのに、何故生きていくことにこだわらなければならないのか?と悩みました。それは、神に逆らうことではないのか?と。

けれど、この舞台をみて、そうではないんだ、と思ったのです。

人が人を助けたいという純粋な気持ち
見知らぬ誰かを、世界のどこかで困っている誰かを、ただ助けてあげたいというその気持ちは、輝いていて、そして実際に誰かの命を救っている。
助けたいというその素敵な気持ちを、ありがたく感謝して受け取って、自分に与えられた限りの生を全うすべきなのだと、思ったのです。

l_05.gif

小学校のとき、白血病になってから、骨髄移植に限らず、輸血も提供したい、脳死したら臓器提供したい、と思っています。
自分が助けてもらったから、助けたいと思う。
健康になりたい人の気持ちが分かるから、手助けできることがあればしたいと思う。
けれど、元がん患者はどれも提供することはできないのです。
元がん患者さんなら、きっと、多くの方が、病気で苦しんでいる方のために何かをしたいって考えるに違いないのに、ドナー登録ができない。
健康な方に、登録していただくしかない。


最近、移植後一般病棟に移ってすぐに、同じ日に移植病棟から出て、お隣のベッドになった方がなくなりました。まだ50代前半・・・若い方でした。
一緒に売店に行ったり、食堂に行ったり、退院後のことをおしゃべりしました。

その方は、移植後再発したときもずっと、私には何も言わず、
「あなたはまだ若いんだから、絶対に治ってやりたいことをたくさんするのよ!!しなきゃダメなんだから!」
って励ましてくださいました。

私が移植後退院してすぐに、GVHDで再入院したときも、再発して入院したと勘違いして泣いてくださいました。
そのころ、もう、御自分の再発が分かっていたはずなのに。再入院した訳を伝えたときにも、再発じゃなくてよかったよかった。と言ってくださった。
ブログをやってらしたという彼女のURLを、聞き出す前にお別れしてしまった。

あまりにたくさんのお別れに、感覚が麻痺してしまっている自分がいます。

一人でも多くの方の命が救われたらいい。願っています。
スポンサーサイト


追記を閉じる▲






去年も紹介させていただいて、そして、実際に舞台とメッセージ展を見に行かせていただきました。

ちょうど、再再発闘病中の病院を抜け出し、wakkoさんと行ったことを覚えています。

まさか、今年もこの時期に生きていられるとは思いませんでした。
年末の辛い移植闘病中、原作・脚本・演出を手がけていらっしゃる H,T,ISSUIIさまとお会いし、パワーをいただきました。
その後暖かいメッセージを舞台関係者の方々からもいただきました。
無菌室の中、いただいた言葉は心の支えになり、本当にうれしかったです。
コミック版も、舞台に負けず劣らず、感動するものでした。

本当に、オススメの舞台です。

VOICE OF LIFE のほうも、是非見てみてください

去年の記事はこちら


     一人だと思っていても、一人じゃない。
     離れていても、どこかに、応援してくれている人がきっといる。
     実際に手を伸ばして何かをすることができなくても、
     辛いときに心のそばに寄り添ってくれる人はきっといる。
     その存在が、痛いとき、辛いとき、どれだけ力になることか。
     だから、最期まで生きていけるんだと、そう思います。



l_05.gif

この舞台の存在をもともと私に教えてくださったのは、今は天国にいるTKさんです。

今年は残念ながら、体調のことがあり、舞台を拝見することはできそうにありませんが、
一人でも多くの方々にこの舞台を見ていただいて、
骨髄移植の存在を知っていただけたらうれしく思います

おもしろおかしく、でも、心にずっしりと伝わってくるものがある、そんな舞台でした。
今年は、どんな舞台になるのでしょうか?


l_05.gif

私は、骨髄バンクによる移植はできませんでした。
バンクに適合者が一人もいなかったからです。

日本でも数少ない病院で、兄弟からの3座不一致の骨髄移植を行って、そのお陰で今生きています。
3座不一致の移植を行ってくれる病院は、少ないために、
適合者がいないために、移植を受けることもできずに亡くなっていく人も多いと思います。

バンクによる移植だけではなく、今はさい帯血移植や、2座や3座違っても移植ができるように研究が進められてはいますが、骨髄バンクの登録者が増えることで命が救われる可能性が広がっていくことに間違いはないと思います。

正直なところ、白血病である私自身が、
「なぜ、人さまに登録してもらって、移植を受けてまで、生きようとしなければならないのか?あつかましくないのだろうか?」と疑問を抱いていました。

輸血とは違い、骨髄移植はドナーに多少の危険を伴います。
健康な人から提供を受けるわけですから、その人は有給で会社を休まなければならない、麻酔をして針をささなければならない、白血病になる危険がないとはいいきれない(ドナーになられたかたが白血病にその後なったというデータがあるのですが、その数はかなり少なく、それは、ドナーにならなかったとしても発症する方だったとも考えられるので、絶対大丈夫だとはいえないそうです)

人さまの造血細胞をいただかないと、自分で自分の血を作ることができないのに、何故生きていくことにこだわらなければならないのか?と悩みました。それは、神に逆らうことではないのか?と。

けれど、この舞台をみて、そうではないんだ、と思ったのです。

人が人を助けたいという純粋な気持ち
見知らぬ誰かを、世界のどこかで困っている誰かを、ただ助けてあげたいというその気持ちは、輝いていて、そして実際に誰かの命を救っている。
助けたいというその素敵な気持ちを、ありがたく感謝して受け取って、自分に与えられた限りの生を全うすべきなのだと、思ったのです。

l_05.gif

小学校のとき、白血病になってから、骨髄移植に限らず、輸血も提供したい、脳死したら臓器提供したい、と思っています。
自分が助けてもらったから、助けたいと思う。
健康になりたい人の気持ちが分かるから、手助けできることがあればしたいと思う。
けれど、元がん患者はどれも提供することはできないのです。
元がん患者さんなら、きっと、多くの方が、病気で苦しんでいる方のために何かをしたいって考えるに違いないのに、ドナー登録ができない。
健康な方に、登録していただくしかない。


最近、移植後一般病棟に移ってすぐに、同じ日に移植病棟から出て、お隣のベッドになった方がなくなりました。まだ50代前半・・・若い方でした。
一緒に売店に行ったり、食堂に行ったり、退院後のことをおしゃべりしました。

その方は、移植後再発したときもずっと、私には何も言わず、
「あなたはまだ若いんだから、絶対に治ってやりたいことをたくさんするのよ!!しなきゃダメなんだから!」
って励ましてくださいました。

私が移植後退院してすぐに、GVHDで再入院したときも、再発して入院したと勘違いして泣いてくださいました。
そのころ、もう、御自分の再発が分かっていたはずなのに。再入院した訳を伝えたときにも、再発じゃなくてよかったよかった。と言ってくださった。
ブログをやってらしたという彼女のURLを、聞き出す前にお別れしてしまった。

あまりにたくさんのお別れに、感覚が麻痺してしまっている自分がいます。

一人でも多くの方の命が救われたらいい。願っています。
スポンサーサイト

【2009/09/03 13:00】 | [白血病に関する情報]
トラックバック(0) |

あれから1年なんだ~
wakko
すっかり秋めいた今日この頃。
ちょっと肌寒くなってきたね。
体調はどうですか?
うみねこちゃんに去年「IMAGINE9.11」に誘われてから、もう1年なのか~早いね。
そう言えば8月には門○でもんじゃ食べたっけ(*^_^*)
そしてその後入院したこと聞いてびっくりしたんだ。
でも、入院中も無菌室の病棟へ牛丼持って行ったね。
ホント肉好きなうみねこちゃんだよ(笑)
このIMAGINE9.11の舞台はすごい前で見たから迫力あったね。
内容もとてもすばらしかったし。
白血病・骨髄移植・ドナーのこと少しでもわかってよかったです。
今年は私も行けるかどうかわからないけど、多くの人に観て、知ってもらいたいよね。

御陰さまで
ISSUI
連日、例年に比しても大々盛況の内に千秋楽を迎えることが叶いました。
同時開催のVoice Of Lifeも、アンケートに書いてくださるお客様も多く、大好評だった様です。
ご支援、有り難うございました。取り急ぎ御礼まで。

☆wakkoさん
うみねこ
すっかり放置していて、遅くなりました。。。月日が経つのって早いですよね。
肉好きの私は、肝臓がフォアグラっぽいみたいでやばいです^^;
移植やもともとの体質もあるんでしょうけど、肉好きなのも災いしてるかも。。
でも先生にストップされてるほどじゃないので、食べたいときには食べます(笑)

☆ISSUI様
うみねこ
こちらでのお返事が遅くなって申し訳ありません。。。
大盛況でよかったです!!
もうすぐ東京に引っ越します。
そしたら、また連絡させていただきます♪

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
あれから1年なんだ~
すっかり秋めいた今日この頃。
ちょっと肌寒くなってきたね。
体調はどうですか?
うみねこちゃんに去年「IMAGINE9.11」に誘われてから、もう1年なのか~早いね。
そう言えば8月には門○でもんじゃ食べたっけ(*^_^*)
そしてその後入院したこと聞いてびっくりしたんだ。
でも、入院中も無菌室の病棟へ牛丼持って行ったね。
ホント肉好きなうみねこちゃんだよ(笑)
このIMAGINE9.11の舞台はすごい前で見たから迫力あったね。
内容もとてもすばらしかったし。
白血病・骨髄移植・ドナーのこと少しでもわかってよかったです。
今年は私も行けるかどうかわからないけど、多くの人に観て、知ってもらいたいよね。
2009/09/03(Thu) 21:53 | URL  | wakko #8nfWImYI[ 編集]
御陰さまで
連日、例年に比しても大々盛況の内に千秋楽を迎えることが叶いました。
同時開催のVoice Of Lifeも、アンケートに書いてくださるお客様も多く、大好評だった様です。
ご支援、有り難うございました。取り急ぎ御礼まで。
2009/09/16(Wed) 19:15 | URL  | ISSUI #hE4kmW4M[ 編集]
☆wakkoさん
すっかり放置していて、遅くなりました。。。月日が経つのって早いですよね。
肉好きの私は、肝臓がフォアグラっぽいみたいでやばいです^^;
移植やもともとの体質もあるんでしょうけど、肉好きなのも災いしてるかも。。
でも先生にストップされてるほどじゃないので、食べたいときには食べます(笑)
2010/01/28(Thu) 19:21 | URL  | うみねこ #JalddpaA[ 編集]
☆ISSUI様
こちらでのお返事が遅くなって申し訳ありません。。。
大盛況でよかったです!!
もうすぐ東京に引っ越します。
そしたら、また連絡させていただきます♪
2010/01/28(Thu) 19:25 | URL  | うみねこ #JalddpaA[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。