はじめまして、戸田梨恵(うみねこ)です。 2006年7月から、白血病(ALL:急性リンパ性白血病)の治療をはじめました。 弟と妹から3座違うハプロ移植を2回して、今は寛解を維持しています。日々の出来事を綴っていきたいです。コメント、大歓迎です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペインからフランス、パリに移動。
そのあと、パリからTGVでモンサンミッシェルに移動します。
弟は途中から合流したので、ここにはいません 笑

201102050253073541.jpg


電車を降りたらバスで移動。
まっすぐな道の先に、モンサンミッシェルがそびえ立っている。
遠くから見ると、幻想的できれいでした。


IMG_0971モンサン2

081120_173349.jpg

到着~(^-^)/

IMG_0971モンサン3

IMG_0971モンサン

モンサンミッシェルでは、有名なオムレツのお店にいったよ。
銅のフライパンで作ってるらしく、このフライパンを買っている若いカップルがいた。
でかいフライパン…^^;
結構いいお値段してました。

P1000245.jpg



パリに戻ってきてから、弟と合流。

そして、American Hospitalで赤血球と血小板を輸血しました。
あちらの病院はねぇ…私立で設備がいい病院だから、
まるでホテルのような対応だったよ。
処置室にいたら、ドリンクオーダーとりにくるの。
「何かお飲み物は?」
ちゃんとメニューもあるのよ!

先生も治療をするにあたってね、
ただの輸血のみにもかかわらず、
まずは話をきいて、よろしくねって先生と握手。
診察して説明も詳しくしてくれたし、
なんだろう…システムが全然違ったから驚いたよ。


輸血が無事に終わって、
セーヌのほとりで母と撮った写真です。

20110205025620a1.jpg

オルセー、ルーブルを家族で回りました。
ルーブルはほんと、ひろいねぇ。
あとね、ルーブルかオルセーだったか…期間限定展示で、衝撃的な絵を見ました!
前にいた観光客のガイドさんっぽい人の説明に聞き耳たててみると、有名な絵らしいんだけど。
女性が大きく股を開いている絵。
まさに、ぴーーー!!!に焦点あててリアルに描いているの!
一番印象に残っている絵がソレってどうよ? 笑
あれは、いったいなんだったんだろう?


この頃になってくると、両親は洋食に耐えられなくなってきていたので、
食事も別行動することも多かったなぁ。

ただ、父はビールの安さに感動して、いい国だーとかいいつつ毎日飲んだくれてた 笑


妹と2人でメトロにのったときにね、
スリにあいそうになった。

パリのスリって、
前にも一緒にいた友達がやられそうになったけど、
日本のスリとは違って、
正々堂々としてるのよ。

改札をさきにくぐった妹が、若い女数名に取り囲まれて、
ポーチをあけられたの。

私は続いて改札くぐろうとしていて、一瞬のすき。

私が駆け寄るまでに、財布奪われるんじゃないかって状況。

そしたら、妹は、

「ぎゃーーー!!!!!」

って地下鉄内響き渡るような大声をあげた。

そしたら、彼女たちびっくりして逃げていった。

あの奇声には、私も仰天したけど、

私だったら、そんな発想できないかも。

さすが…すごいわ、妹。

と思った 笑



ノートルダム寺院も本当にきれいでした。
言葉が乏しいのが悲しいくらい。

IMG_1003ノートルダム

IMG_1009ノートルダム2


(続きます)
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
電車を降りたらバスで移動。
まっすぐな道の先に、モンサンミッシェルがそびえ立っている。
遠くから見ると、幻想的できれいでした。


IMG_0971モンサン2

081120_173349.jpg

到着~(^-^)/

IMG_0971モンサン3

IMG_0971モンサン

モンサンミッシェルでは、有名なオムレツのお店にいったよ。
銅のフライパンで作ってるらしく、このフライパンを買っている若いカップルがいた。
でかいフライパン…^^;
結構いいお値段してました。

P1000245.jpg



パリに戻ってきてから、弟と合流。

そして、American Hospitalで赤血球と血小板を輸血しました。
あちらの病院はねぇ…私立で設備がいい病院だから、
まるでホテルのような対応だったよ。
処置室にいたら、ドリンクオーダーとりにくるの。
「何かお飲み物は?」
ちゃんとメニューもあるのよ!

先生も治療をするにあたってね、
ただの輸血のみにもかかわらず、
まずは話をきいて、よろしくねって先生と握手。
診察して説明も詳しくしてくれたし、
なんだろう…システムが全然違ったから驚いたよ。


輸血が無事に終わって、
セーヌのほとりで母と撮った写真です。

20110205025620a1.jpg

オルセー、ルーブルを家族で回りました。
ルーブルはほんと、ひろいねぇ。
あとね、ルーブルかオルセーだったか…期間限定展示で、衝撃的な絵を見ました!
前にいた観光客のガイドさんっぽい人の説明に聞き耳たててみると、有名な絵らしいんだけど。
女性が大きく股を開いている絵。
まさに、ぴーーー!!!に焦点あててリアルに描いているの!
一番印象に残っている絵がソレってどうよ? 笑
あれは、いったいなんだったんだろう?


この頃になってくると、両親は洋食に耐えられなくなってきていたので、
食事も別行動することも多かったなぁ。

ただ、父はビールの安さに感動して、いい国だーとかいいつつ毎日飲んだくれてた 笑


妹と2人でメトロにのったときにね、
スリにあいそうになった。

パリのスリって、
前にも一緒にいた友達がやられそうになったけど、
日本のスリとは違って、
正々堂々としてるのよ。

改札をさきにくぐった妹が、若い女数名に取り囲まれて、
ポーチをあけられたの。

私は続いて改札くぐろうとしていて、一瞬のすき。

私が駆け寄るまでに、財布奪われるんじゃないかって状況。

そしたら、妹は、

「ぎゃーーー!!!!!」

って地下鉄内響き渡るような大声をあげた。

そしたら、彼女たちびっくりして逃げていった。

あの奇声には、私も仰天したけど、

私だったら、そんな発想できないかも。

さすが…すごいわ、妹。

と思った 笑



ノートルダム寺院も本当にきれいでした。
言葉が乏しいのが悲しいくらい。

IMG_1003ノートルダム

IMG_1009ノートルダム2


(続きます)
スポンサーサイト

【2011/05/21 00:33】 | [others]旅行&食事
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。