はじめまして、戸田梨恵(うみねこ)です。 2006年7月から、白血病(ALL:急性リンパ性白血病)の治療をはじめました。 弟と妹から3座違うハプロ移植を2回して、今は寛解を維持しています。日々の出来事を綴っていきたいです。コメント、大歓迎です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅雨入りしましたね・・・。

憂鬱にならないための、雨の日こそ楽しもう特集!で
気になったもの。

その1、ガラスチェス 1050円
その2、ホームスターアクア 4725円
 *バスルームをプラネタリウムに
その3、ハナヤマ 知的立体パズルゲーム 1029円
 *いわゆるちょっとお洒落な知恵の輪
その4、nanoblock ジャイアントパンダ 714円

特集されてたもの以外で、
その5、好きな画家のパズル 2000円~3000円くらい

その5は置く場所がないなぁ。。。作って崩せばいいのかな。

巨大パズルやピアノいじりたいってなると、
やっぱり一軒家の実家もいいなぁと思う今日この頃です。
田舎で農家なので、住みづらいんだけどね。。。

畑できていいなって言われることも多いけど、
ちょっと自分の食べる分の作物作って楽しい、
田舎のほうが素敵だわってのは、
都会の人の道楽だと思うこともあるよ。
どっちもどっちじゃないのかな。

秘かにチェスか囲碁を始めてみたいのですが、
将棋は経験あるけど囲碁はやったことない。
どうやってとっかかればいいのだろう。

以下、フランス―ファイナルです。
これをUPして私は大満足ですo(^-^)o

最後に見たかったもののひとつ、サクレクールに行きました。

サクレクールは、ほんのちょこっとパリにいたときに、
私の人生にすごく影響を与えた人と一緒に訪れた所。

お互い、クリスチャンではなかったのだけど、
その荘厳な雰囲気の中、お互い無言で、何かに対して祈りを捧げたのです。
不思議な体験をした、思い出の教会。

IMG_0992sac.jpg


パリでの食生活はね、

オイスターバーで生牡蠣食べまくって、
ムール貝専門店でムール貝たくさん食べて

超高級エスカルゴ専門店では、いろんな味のエスカルゴを堪能したよ。
私一人美味しいってワイン飲みつつ楽しんでた。
お金は持って死ねないと思ったから、入ったけど、
あのお値段でエスカルゴはもうないかなぁ。
一緒にエスカルゴ食べてくれる人もあまりいなさそうだし^^;

いわゆる本場のフランスコース料理(ハト肉も食べた)も美味しかった。

あとは、フランスパン。
フランスのフランスパンと日本のフランスパンは味がなんか違う。
日本の高いパンやさんより、フランスの道端のパンやさんのほうが、香ばしい。
なんでかな?

ひとつ、心残りは、本場クスクスを食べられなかったこと。
誰もクスクスにはついてきてくれなかったのよ^^;
AmericanHospitalの先生に、クスクス、おすすめ!と言われたのに、残念!!

最終的に、家族からは、私の食べ物の趣味は理解しがたいといわれた 笑

その辺に売ってる焼き栗の買い食いもしたなぁ。
出店で売ってる焼き栗、ほんとに美味しいのよね。

ムール貝専門店はね、バケツのような鍋でムール貝を様々な味付けで蒸したものや、香草焼き、などなど。
ムール貝のチェーン店があるのよ。
格安で美味しかったよ。

081121_055653.jpg


最終日は、私以外の家族は、ベルサイユ宮殿、エッフェル搭、凱旋門へ。


私はいずれも行ったことがあるから、一人行動。

旅行するのも最後だと思ったから、最終日は自分自身を見つめなおしたかった。

下町を歩いて、バスと電車乗り継いで美術館とか教会とかあちこちいった。
ピカソ美術館いって、ロダン美術館行って、
奇跡のメダイで有名な、小さな小さな教会も訪れました。

このときはまだ洗礼は受けてなかったんだけどね。
でもまぁ、死ぬ前には受けるつもりだったし。

下町のパン屋さんでパンやクレープ買って食べて、
このリンゴジャムのクレープがなんともいえず美味しかった。

それから、セーヌ河クルーズに参加したよ。
このクルーズは、AmericanHospitalの先生に勧めてもらった観光コース。

乗車賃に毛が生えた程度の低価格で、
セーヌ河水面の視点から、パリの有名どころを観光できるという点で、
隠れスポットらしい。
セーヌを端から端まで。
セーヌにかかる橋についてや、
セーヌから見上げるルーブル、ノートルダム、エッフェル搭なんかを、
解説付きで観光できるのです。
叙情的でよかったよ。

この橋がね…って説明していくあたりは、
隅田川遊覧船に似てるかな。

クルーズのあとには、ちょっとポンピドゥ・センターによって、
いろんな作品を見納めしてきた。

ポンピドゥは近代芸術・美術館。
変わった作品も多くて、楽しいよ。
つい最近まで、東京にポンピドゥの作品が来てましたよね。
周囲に何人かいった友達がいるのだけど、
これをご覧になっている方でいらした方はいるかな?
近代美術について学びたい今日この頃です。

夜には家族で集まってディナー。

たぶん、最後の夜↓
P1000341.jpg

最高に充実した日々でした。



その夜から、骨が痛み出すまではね、超幸せだった。
両親には心配かけていたと思うけど。。。

本当に一生忘れない素敵な思い出ができたよー。

もう、家族全員で海外旅行ってこともないだろうからね。

でもまた行きたい~パエリアとクスクスが心残り!!

帰国日朝から骨が痛み出して、
妹がフラ語できないのに、
薬局に飛び込んで「成分同じはずだから!」って痛み止めを買ってきてくれた。

私の妹、見た目はおとなしめ系でそんな感じではないんだけど、
ほんとうにいざってときは、心強いのよ。

帰りの機内でもね、
痛くて辛かった私がちょっとでも横になれるようにって、
空いてる席がつながってるところか、ファーストに移動させてくれって。
何度も断られたのに、何度もしつこく頼んで、座席移動させてもらったの。
両親ですら、もういいよ…って言ってたのに、いや、ダメ!ってちょっと偉い人のとこまでいって、強く主張!
英語もあんまりできないのに、どうやって押し通したのか、謎。
ほんと、すごいんだよね。


この後、痛みに耐えながら、半分意識不明のまま、病院に運び込まれるのでした^^;


スポンサーサイト


追記を閉じる▲
最後に見たかったもののひとつ、サクレクールに行きました。

サクレクールは、ほんのちょこっとパリにいたときに、
私の人生にすごく影響を与えた人と一緒に訪れた所。

お互い、クリスチャンではなかったのだけど、
その荘厳な雰囲気の中、お互い無言で、何かに対して祈りを捧げたのです。
不思議な体験をした、思い出の教会。

IMG_0992sac.jpg


パリでの食生活はね、

オイスターバーで生牡蠣食べまくって、
ムール貝専門店でムール貝たくさん食べて

超高級エスカルゴ専門店では、いろんな味のエスカルゴを堪能したよ。
私一人美味しいってワイン飲みつつ楽しんでた。
お金は持って死ねないと思ったから、入ったけど、
あのお値段でエスカルゴはもうないかなぁ。
一緒にエスカルゴ食べてくれる人もあまりいなさそうだし^^;

いわゆる本場のフランスコース料理(ハト肉も食べた)も美味しかった。

あとは、フランスパン。
フランスのフランスパンと日本のフランスパンは味がなんか違う。
日本の高いパンやさんより、フランスの道端のパンやさんのほうが、香ばしい。
なんでかな?

ひとつ、心残りは、本場クスクスを食べられなかったこと。
誰もクスクスにはついてきてくれなかったのよ^^;
AmericanHospitalの先生に、クスクス、おすすめ!と言われたのに、残念!!

最終的に、家族からは、私の食べ物の趣味は理解しがたいといわれた 笑

その辺に売ってる焼き栗の買い食いもしたなぁ。
出店で売ってる焼き栗、ほんとに美味しいのよね。

ムール貝専門店はね、バケツのような鍋でムール貝を様々な味付けで蒸したものや、香草焼き、などなど。
ムール貝のチェーン店があるのよ。
格安で美味しかったよ。

081121_055653.jpg


最終日は、私以外の家族は、ベルサイユ宮殿、エッフェル搭、凱旋門へ。


私はいずれも行ったことがあるから、一人行動。

旅行するのも最後だと思ったから、最終日は自分自身を見つめなおしたかった。

下町を歩いて、バスと電車乗り継いで美術館とか教会とかあちこちいった。
ピカソ美術館いって、ロダン美術館行って、
奇跡のメダイで有名な、小さな小さな教会も訪れました。

このときはまだ洗礼は受けてなかったんだけどね。
でもまぁ、死ぬ前には受けるつもりだったし。

下町のパン屋さんでパンやクレープ買って食べて、
このリンゴジャムのクレープがなんともいえず美味しかった。

それから、セーヌ河クルーズに参加したよ。
このクルーズは、AmericanHospitalの先生に勧めてもらった観光コース。

乗車賃に毛が生えた程度の低価格で、
セーヌ河水面の視点から、パリの有名どころを観光できるという点で、
隠れスポットらしい。
セーヌを端から端まで。
セーヌにかかる橋についてや、
セーヌから見上げるルーブル、ノートルダム、エッフェル搭なんかを、
解説付きで観光できるのです。
叙情的でよかったよ。

この橋がね…って説明していくあたりは、
隅田川遊覧船に似てるかな。

クルーズのあとには、ちょっとポンピドゥ・センターによって、
いろんな作品を見納めしてきた。

ポンピドゥは近代芸術・美術館。
変わった作品も多くて、楽しいよ。
つい最近まで、東京にポンピドゥの作品が来てましたよね。
周囲に何人かいった友達がいるのだけど、
これをご覧になっている方でいらした方はいるかな?
近代美術について学びたい今日この頃です。

夜には家族で集まってディナー。

たぶん、最後の夜↓
P1000341.jpg

最高に充実した日々でした。



その夜から、骨が痛み出すまではね、超幸せだった。
両親には心配かけていたと思うけど。。。

本当に一生忘れない素敵な思い出ができたよー。

もう、家族全員で海外旅行ってこともないだろうからね。

でもまた行きたい~パエリアとクスクスが心残り!!

帰国日朝から骨が痛み出して、
妹がフラ語できないのに、
薬局に飛び込んで「成分同じはずだから!」って痛み止めを買ってきてくれた。

私の妹、見た目はおとなしめ系でそんな感じではないんだけど、
ほんとうにいざってときは、心強いのよ。

帰りの機内でもね、
痛くて辛かった私がちょっとでも横になれるようにって、
空いてる席がつながってるところか、ファーストに移動させてくれって。
何度も断られたのに、何度もしつこく頼んで、座席移動させてもらったの。
両親ですら、もういいよ…って言ってたのに、いや、ダメ!ってちょっと偉い人のとこまでいって、強く主張!
英語もあんまりできないのに、どうやって押し通したのか、謎。
ほんと、すごいんだよね。


この後、痛みに耐えながら、半分意識不明のまま、病院に運び込まれるのでした^^;


スポンサーサイト

【2011/05/28 22:18】 | [others]旅行&食事
トラックバック(0) |

うみねこさんへ
ちゅん
シュルレアリスムの絵画って哲学的過ぎて頭がくらくらしませんか?
絵画ではないけれど、私の好きな作家の安部公房もシュルレアリスム扱いされているので、お勧めです。
絵画だったら山本容子さんの「鏡の国のアリス」シリーズが好きですね。でもこれは、近代美術というより現代美術ですが。もし興味があれば、山本容子美術館で検索してみてください。

ちなみに、エスカルゴっていろんな味があるのですか?ビックリです。



パリは行くことあるかな~(^_^;)
wakko
芸術のパリより食い気に反応しちゃった(笑)
生牡蠣にムール貝の香草焼き、エスカルゴ~どれも好き!
年末行ったオイスターバーでも感激したのに、フランスで食べる生牡蠣なんてどんなの?って想像するだけで楽しい(*^_^*)
エスカルゴはある日本のホテルで食べたことあるけど本物かどうかわからないけど私は好き♪
だから一緒に食べに行けるよ~
パリの下町の雰囲気よさそうだね。
私もはベルサイユ宮殿とか見るより路地裏散策の方が好きかな。
田舎育ちの私も、「田舎っていいよね」っていわれるけど(ふるさとがあることには感謝)雪深い秋田で冬を越せるのは並大抵ではないのよ。
それに都会にはない近所付き合いの深さが私はどうも苦手(^_^;)


☆ちゅんさん
うみねこ
ちゅんさん、こんにちは。
哲学っぽいのとか、理屈っぽいのとか、
大好きなので♪
わくわくします。シュルレアリスム☆
安部公房、読んだことあるけど、忘れてしまった^^;
山本容子さん、知りませんでした。
教えてくださって、ありがとう。

☆わっこさん
うみねこ
な、なんと、食い気でパリまで!?笑
オイスターはね・・・私は好きだったんだけど、
妹と弟は、日本のオイスターと少し味が違う。
日本のほうが味が好み。
といってたから、好き嫌いあるのかな。
日本のオイスターバーで、フランス牡蠣が大丈夫なら
美味しいと思う!
いやー。美味しかったよ。雰囲気いいし!お店キレイだし。
でもね、オイスターなら、フィリピンのセブとかオススメ。
激安で値段気にせず魚介類を食べられるよ☆

エスカルゴ、日本のホテルなら、本物じゃ・・・^^;
バジル風味とか、ガーリック風味とか、普通のとか、いくつもあるの。
輸入物って果物でもなんでもそうだけど、
本場のムール貝はね、日本の1.5倍のでかさはあるかな。

田舎の近所づきあいの深さ、それ、まさに私も苦手。
私の実家は、近所付き合いだけで破産しそうだよ。
東北の寒さは、経験しないとその大変さは分からないですね。
住む実家があるのは感謝だけどね・・・帰りたくないのにはいくつか理由があるんですよね。


うみねこさんへ
ちゅん
わくわくですか。私はドキドキしてしまいます。絵画相手に一時間ほどにらめっこです。ちなみに山本容子さんは哲学者の梅原猛氏の教え子でもあります。

今は電車移動中で仕事サボってるわけではありませんよ。念のため(笑)

☆ちゅんさん
うみねこ
確かに、ひとつひとつに時間かかりますね・・・^^;
面倒なのは飛ばすときもあります 笑

管理人のみ閲覧できます
-


Day +196
youlight
お久しぶりです。
骨髄本体だけは踏ん張って来たのですが、昨日の
マルクで残念ながら暫定約30%のブラストが出て
しまいました・・・・

どうするかは検討中です(+_+)

☆youlightさま
うみねこ
お久しぶりです。
そうだったのですか・・・。

祈ることしかできませんが、心からお祈りします。
お祈りさせてください。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
うみねこさんへ
シュルレアリスムの絵画って哲学的過ぎて頭がくらくらしませんか?
絵画ではないけれど、私の好きな作家の安部公房もシュルレアリスム扱いされているので、お勧めです。
絵画だったら山本容子さんの「鏡の国のアリス」シリーズが好きですね。でもこれは、近代美術というより現代美術ですが。もし興味があれば、山本容子美術館で検索してみてください。

ちなみに、エスカルゴっていろんな味があるのですか?ビックリです。

2011/05/29(Sun) 01:19 | URL  | ちゅん #-[ 編集]
パリは行くことあるかな~(^_^;)
芸術のパリより食い気に反応しちゃった(笑)
生牡蠣にムール貝の香草焼き、エスカルゴ~どれも好き!
年末行ったオイスターバーでも感激したのに、フランスで食べる生牡蠣なんてどんなの?って想像するだけで楽しい(*^_^*)
エスカルゴはある日本のホテルで食べたことあるけど本物かどうかわからないけど私は好き♪
だから一緒に食べに行けるよ~
パリの下町の雰囲気よさそうだね。
私もはベルサイユ宮殿とか見るより路地裏散策の方が好きかな。
田舎育ちの私も、「田舎っていいよね」っていわれるけど(ふるさとがあることには感謝)雪深い秋田で冬を越せるのは並大抵ではないのよ。
それに都会にはない近所付き合いの深さが私はどうも苦手(^_^;)
2011/05/29(Sun) 11:16 | URL  | wakko #8nfWImYI[ 編集]
☆ちゅんさん
ちゅんさん、こんにちは。
哲学っぽいのとか、理屈っぽいのとか、
大好きなので♪
わくわくします。シュルレアリスム☆
安部公房、読んだことあるけど、忘れてしまった^^;
山本容子さん、知りませんでした。
教えてくださって、ありがとう。
2011/05/29(Sun) 22:53 | URL  | うみねこ #JalddpaA[ 編集]
☆わっこさん
な、なんと、食い気でパリまで!?笑
オイスターはね・・・私は好きだったんだけど、
妹と弟は、日本のオイスターと少し味が違う。
日本のほうが味が好み。
といってたから、好き嫌いあるのかな。
日本のオイスターバーで、フランス牡蠣が大丈夫なら
美味しいと思う!
いやー。美味しかったよ。雰囲気いいし!お店キレイだし。
でもね、オイスターなら、フィリピンのセブとかオススメ。
激安で値段気にせず魚介類を食べられるよ☆

エスカルゴ、日本のホテルなら、本物じゃ・・・^^;
バジル風味とか、ガーリック風味とか、普通のとか、いくつもあるの。
輸入物って果物でもなんでもそうだけど、
本場のムール貝はね、日本の1.5倍のでかさはあるかな。

田舎の近所づきあいの深さ、それ、まさに私も苦手。
私の実家は、近所付き合いだけで破産しそうだよ。
東北の寒さは、経験しないとその大変さは分からないですね。
住む実家があるのは感謝だけどね・・・帰りたくないのにはいくつか理由があるんですよね。
2011/05/29(Sun) 23:09 | URL  | うみねこ #JalddpaA[ 編集]
うみねこさんへ
わくわくですか。私はドキドキしてしまいます。絵画相手に一時間ほどにらめっこです。ちなみに山本容子さんは哲学者の梅原猛氏の教え子でもあります。

今は電車移動中で仕事サボってるわけではありませんよ。念のため(笑)
2011/05/30(Mon) 13:02 | URL  | ちゅん #-[ 編集]
☆ちゅんさん
確かに、ひとつひとつに時間かかりますね・・・^^;
面倒なのは飛ばすときもあります 笑
2011/05/31(Tue) 00:55 | URL  | うみねこ #JalddpaA[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/06/03(Fri) 20:45 |   |  #[ 編集]
Day +196
お久しぶりです。
骨髄本体だけは踏ん張って来たのですが、昨日の
マルクで残念ながら暫定約30%のブラストが出て
しまいました・・・・

どうするかは検討中です(+_+)
2011/06/10(Fri) 10:39 | URL  | youlight #Gunbb4dY[ 編集]
☆youlightさま
お久しぶりです。
そうだったのですか・・・。

祈ることしかできませんが、心からお祈りします。
お祈りさせてください。
2011/06/10(Fri) 23:52 | URL  | うみねこ #JalddpaA[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。