はじめまして、戸田梨恵(うみねこ)です。 2006年7月から、白血病(ALL:急性リンパ性白血病)の治療をはじめました。 弟と妹から3座違うハプロ移植を2回して、今は寛解を維持しています。日々の出来事を綴っていきたいです。コメント、大歓迎です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祖父が入院してます。

もう歳なのだけれども、
本人はまだよくなると信じてました。
この前会ったときも、またよくなってご飯食べいこう。
そう約束して笑顔で別れたのです。

もうほぼ自力では動けないので、
あえてもう死を待つしかないという現実は告知せず、
夢を見て亡くなればいいんじゃないか。
そう思ってのことらしいです。

そんな祖父のことについて、医師は身内に語ったそうです。


「こんな状況でもまだよくなると信じていらっしゃる。
 悩みもなくのんきでお幸せな方だ。」



人にはそれぞれ悩みがあるってことを知らんのか?
悩みを表現する人と内に秘める人がいるってことを知らんのか?

百歩譲って何を思おうが勝手だが、内心に留めず、
それを医師という立場で言葉にしたのに、呆れ果てる。


一旦退院して後日、緊急入院した祖父に、そいつは言った。


あなたもう長くないよ。もうすぐ死ぬよ。


それを知った祖父は、ショックで落ち込んでしまった。


まぁ私も親の依頼に反して単独で余命告知されたクチだが、
そういう医師がいるのが、理解できない。

人はどういう理由で死ぬかが大事なんじゃない、
いつ死ぬかが大事なんじゃない、

どういう想いで死んでいくかが大事なんだ。

絶望のうちに死ぬか、人生満足して死ぬか、幸せのうちに死ぬか。

それだけは医師がどうしようもない、けどそれこそが大切なもののひとつなんだ。


モンスターなんちゃらを一面だけ取り上げては、批判するような風潮はどうかと思う。
最近のドラマなんかはどうもそういう風潮だ。

モンスターなんちゃらだけが悪いわけがないんだ。
そういう言葉が生まれたのには背景があるんだ。

現にそういう「先生」が存在するからなのだ。

おそらく、自己防衛から始まったはずなのだ。

そういうアホ医師に対抗するには、うわてをいくしかない。
最初からなめられないようにしておくこともやむを得ない場合があるのだ。

病棟で仲良くなったおばあさんは、
自分の娘婿が有名な医者であって日々電話していると、
ことあるごとに先生や看護師に触れ回ってた。
いつも上品で、患者同士で自慢する性格の方ではないので、
不思議だったのだが、
あるときその方は私に囁いた。

「こう言っておかないと、なめられるのよ」

あぁお年寄りの知恵だと思った。


そして、何か問題がおきたときは、
自分の問題だけに留めて大人しく我慢せず、
ちゃんと相手側に意見を主張しておくことが、自分の後ろを辿る人たちのためになる。


自分が通った道を、後の人の為に整えておくことも大事だと思う。

根拠ない意見か正当な意見かなんて、第三者が判断してくれるのだ。

1人があの医者がどうこうと言ったところで、大した問題にならない。
それが的外れだったり、単なる誤解の問題ならば、そこで終わるだけの話。

だけど、いつもクレームをつけられる人というのは、同じ人物だったりするのだ。




何かあると訴えられるから、医師が可哀相?

あほらしい。

証拠も不十分で、勝つかどうかも分からない医療訴訟を、誰が好き好んで提起するんだ。


訴訟までもちこむ根底にあるのは、怒りなんだ。

怒りがなければ、誰がそんな金や労力がかかることなんてするもんか。

多少のミスあれど、人間らしい態度があれば、そこに問題が起きる可能性はぐんと低くなるのだ。


昔、体育の授業でバレーボールをしていたとき、
私を含め体育が苦手なクラスメイトが数人呼ばれ、「先生」にはっきりと言われた。

今のみんなのバレーボールみててどう思う?
楽しそうでしょ?
何故か分かる?
それは、バレーボールが下手なあなたたちが参加していないからよ。

もちろん、生徒は誰もそんなこと言ってない。
私たちはできないなりにみんな一生懸命やっていた。
私の病気のことも十分承知の上での発言だ。

社会的に弱い立場の者に対して、陰でそういうことをする、
仮にも「先生」と呼ばれるがいるから、
周りの守るべき立場の人達が過敏になるんだよ。

100%擁護するつもりはないけど、
過敏になって、モンスターなんちゃらがいるおかげで、
今はそんなことを言う教師もまずいないのではないかと思う。

もちつもたれつ、が一番いい関係じゃないかと思う。


先生ってのは資格にもれなくひっついてくる肩書じゃない。
尊敬の念を込めて周りからそう呼ばれてこそ、初めて本当の先生なのだ。


☆もちろん、ほとんどの方が懸命に従事していらっしゃる方々です




スポンサーサイト

【2011/04/19 20:47】 | [others]未分類
トラックバック(1) |

お年寄りに対する態度がなっちゃない!!ですよね。
awagon
こんにちは。
私は、ときどき、仕事で、高齢者の介護施設に行くことがあるのですが、若いケアスタッフが、入所者さんにため口なのをきいて、ほんと!!頭にくることあります。
「おめえらに、介護業界で食ってく資格はねえ!!」
(おめえにくわせるタンメンはねえ 風に・・・)と思います。

ある(これも仕事でかかわったひとなのですが・・)リュウマチのおじいさん・・・というよりは、まだおじさん、がいて、この人は、なかなか気合がはいっていて、もう、担当医はみんな自分より若い人なので、「あんたらにとっては、俺が先生なんだからな!!先に生まれるとかいて先生だろ!!」っていってやるんだ。なんていってました。

全くそのとおり、先に生まれたものに敬意をはらわなきゃいけない・・・そのひとが、たとえどんな状態でも!!です。




リリー
うみねこさま
私の母も主治医から言葉で傷つけられました。
母が入院した際に<先生にまた診ていただけて嬉しい>と話したところ、<好きであなたの主治医になったわけではない。僕は外科医だから今後のことは循環器の先生に言ってくれ>と。
母はすっかり落ち込んでいました。 今でも思い出すとあの医者の生意気な顔が浮かびます。
文句言おうかと言ったら、母がやめてくれと。
素晴らしい先生も沢山いらっしゃるけど、それだけにこういうアホな医者にがっかりさせられます。
おじいちゃん、さぞ傷ついただろうね。 頭にくる。こうなったら意地でもお元気になってほしいね。
祈ってます。

☆awagon さま
うみねこ
お返事遅くなってごめんなさい。。。
そのおじさま、元気ありますねっ!
私の祖父母はやっぱり、何か言うと裏でどんな対応されるかが分からないといって、大人しく、言われたなりです。。

看護師さんでも、若い人はタメ口が多いですね。。。
逆に私より年上のベテランさんのほうが、ですます調だったり。
先生でタメ口はであったことないですが 笑



☆リリーさま
うみねこ
リリーさま、ありがとうございます。

母世代は、あんまり文句言わないで!って方が多いですよね。褒めてるってのに、「好きでみてるわけじゃない」ってひどすぎです。まったく!!たとえ嫌でも、ありがとうございます、くらい言えないんでしょうか。人間として最低!

私も再々発で治療法がないってわかったとき、何の抑揚もなく早目にどこか自分で病院探してベッド開けてくれ。と言い放った先生と、
病棟まで来てくれて半分涙を浮かべつつ(医師としてはダメかもしれませんが)、ホスピスには入れない白血病末期患者の受け入れ病院を一生懸命探してくれた前の病院の先生の姿は、未だ忘れられません。後者の先生とはたまに連絡とりますが、本当に先生としても人間としても尊敬できる方です。

多少医療水準が悪くても、心からゆだねられる先生に死を看取られたいと、本当に思います。

あ、リリーさま、うみねこさまはやめてくださいっ!
うみねこちゃんで~。
私もリリーさんとお呼びしたいので、是非☆

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
お年寄りに対する態度がなっちゃない!!ですよね。
こんにちは。
私は、ときどき、仕事で、高齢者の介護施設に行くことがあるのですが、若いケアスタッフが、入所者さんにため口なのをきいて、ほんと!!頭にくることあります。
「おめえらに、介護業界で食ってく資格はねえ!!」
(おめえにくわせるタンメンはねえ 風に・・・)と思います。

ある(これも仕事でかかわったひとなのですが・・)リュウマチのおじいさん・・・というよりは、まだおじさん、がいて、この人は、なかなか気合がはいっていて、もう、担当医はみんな自分より若い人なので、「あんたらにとっては、俺が先生なんだからな!!先に生まれるとかいて先生だろ!!」っていってやるんだ。なんていってました。

全くそのとおり、先に生まれたものに敬意をはらわなきゃいけない・・・そのひとが、たとえどんな状態でも!!です。

2011/04/20(Wed) 16:15 | URL  | awagon #-[ 編集]
うみねこさま
私の母も主治医から言葉で傷つけられました。
母が入院した際に<先生にまた診ていただけて嬉しい>と話したところ、<好きであなたの主治医になったわけではない。僕は外科医だから今後のことは循環器の先生に言ってくれ>と。
母はすっかり落ち込んでいました。 今でも思い出すとあの医者の生意気な顔が浮かびます。
文句言おうかと言ったら、母がやめてくれと。
素晴らしい先生も沢山いらっしゃるけど、それだけにこういうアホな医者にがっかりさせられます。
おじいちゃん、さぞ傷ついただろうね。 頭にくる。こうなったら意地でもお元気になってほしいね。
祈ってます。
2011/04/21(Thu) 22:03 | URL  | リリー #wA/8bBa2[ 編集]
☆awagon さま
お返事遅くなってごめんなさい。。。
そのおじさま、元気ありますねっ!
私の祖父母はやっぱり、何か言うと裏でどんな対応されるかが分からないといって、大人しく、言われたなりです。。

看護師さんでも、若い人はタメ口が多いですね。。。
逆に私より年上のベテランさんのほうが、ですます調だったり。
先生でタメ口はであったことないですが 笑

2011/04/24(Sun) 23:29 | URL  | うみねこ #JalddpaA[ 編集]
☆リリーさま
リリーさま、ありがとうございます。

母世代は、あんまり文句言わないで!って方が多いですよね。褒めてるってのに、「好きでみてるわけじゃない」ってひどすぎです。まったく!!たとえ嫌でも、ありがとうございます、くらい言えないんでしょうか。人間として最低!

私も再々発で治療法がないってわかったとき、何の抑揚もなく早目にどこか自分で病院探してベッド開けてくれ。と言い放った先生と、
病棟まで来てくれて半分涙を浮かべつつ(医師としてはダメかもしれませんが)、ホスピスには入れない白血病末期患者の受け入れ病院を一生懸命探してくれた前の病院の先生の姿は、未だ忘れられません。後者の先生とはたまに連絡とりますが、本当に先生としても人間としても尊敬できる方です。

多少医療水準が悪くても、心からゆだねられる先生に死を看取られたいと、本当に思います。

あ、リリーさま、うみねこさまはやめてくださいっ!
うみねこちゃんで~。
私もリリーさんとお呼びしたいので、是非☆
2011/04/24(Sun) 23:41 | URL  | うみねこ #JalddpaA[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
自宅で1日15分、たった28日間で初心者がエースアタッカーの得点王になれたバレーボール上達法があります。今すぐオリンピック選手が実践しているバレーボール上達法を身に付けてください。
2011/04/20(Wed) 07:38:31 |  バレーボール上達プログラム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。