はじめまして、戸田梨恵(うみねこ)です。 2006年7月から、白血病(ALL:急性リンパ性白血病)の治療をはじめました。 弟と妹から3座違うハプロ移植を2回して、今は寛解を維持しています。日々の出来事を綴っていきたいです。コメント、大歓迎です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少し前、闘病中大変お世話になった方が、亡くなりました。

亡くなった原因は同じ白血病ではないし、出会ったのも病院ではありません。
私の命が危うい時、その方はお元気でした。
しかし、皮肉にも、がんで亡くなりました。

一体、誰がこの日を想像できたのか。

見送る順番が、入れ替わっているじゃないか。


朝、突然の訃報に、呆然としつつ夕方まで過ごしました。
信じられなくて。

夜、会いに行きました。

会いにいってお顔を見て、触れると、
今にも、生前の元気な姿で、私に説教されそうな…

数日たった今も、今でも、
もうお話できないなんて信じられません。

また笑って、私に人生指導をしてくださるような。。。

母とお葬式の相談をその方にしたとき、
涙ぐむ母に、

「もし亡くなって肉体が無くなっても、精神は永遠。
いつもそばにいるんです。
いつでも会えるのだから。
そういう風に考えるようにしましょう。」

と声をかけてくださっていました。

そして、泣いている私に、
同じ言葉が語りかけているように思います。

けれど、その言葉は、まだすんなりとは心に入ってきません。

やはり、人は、肉体を求めるんです。
少なくとも、私は。
魂の声は、リアルに聞くことができない。

白い花の向こう、笑顔に語りかけても、
答えは返ってこない。

もっと、元気になった私を見ていてほしかった。
舞台のビラを渡して、見てもらいたかった。
もっともっと、説教を聞きたかった。
まだまだ、教えてもらいたいことがたくさんありました。

でもきっと、舞台の日も、近くで見ていてくれるんだと思います。

泣かれるなんて、悲しまれるなんて、本意じゃない、って言っていると思います。

私自身、死を受け入れた後は、自分のことよりも、
自分が死んだとき、残された人たちが悲しむのが嫌だった。

見てくれていると…そう信じています。


スポンサーサイト

【2011/08/14 23:55】 | [特別な想い(^-^)]
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。