はじめまして、戸田梨恵(うみねこ)です。 2006年7月から、白血病(ALL:急性リンパ性白血病)の治療をはじめました。 弟と妹から3座違うハプロ移植を2回して、今は寛解を維持しています。日々の出来事を綴っていきたいです。コメント、大歓迎です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼に聞いてはっきりさせたかったのは、好きでなくなったのなら、たとえそれが私の病気がきっかけになっていたとしても、遠慮なく言って欲しいということ。

それを伝えました。

すると彼は、病気になったから嫌いになったわけではない。そもそも、好きでなくなったわけでもない。でも、今までのように一緒に飲みにいけないし、うみねこが病気になったことで距離を感じているのは事実。これからは連絡取るようにするよ。と言いました。

それを聞いて、私は「わかった」と答えました。それ以上、何も言えなかった。

今でも彼が好きだけれど、私の中で一線を引いてしまいました。
私は、彼の飲み相手でしかなかったのかなぁ。。。

相変わらず、彼からその後連絡はありません。

最初病気になって、そもそも私が白血病になったということが受け入れられずに泣いていた日々。その後、抗がん剤の肉体的な辛さにも泣いたし、無神経ともとれる言葉に精神的に辛くて泣いた。そんな時、彼は仕事が忙しいと言って病院にくることはなかったし、私もあまり求めることはしなかった。

よく考えたら、不思議な関係だったんだ…

病気にならなかったら、何の問題もない関係だった。
彼が私の中に何を求めているのかに気付くことなく、幸せだと思える関係は続いていったと思う。

なんだかとりとめがなくなってしまったけれど、距離が開いてしまった関係に終止符を打つことに決めました。
本当はもっといろいろ話し合いたかった。
3年以上も付き合ってきたというのに。
病気をきっかけになんとなく開いていったこの関係について、お互い話し合えたらよかったのに。
でも、こういう結果になったことは、よかったんだと思う。


ブログランキングに参加中。よければクリック、お願いします



スポンサーサイト

【2006/10/23 23:00】 | [副作用&悩み]不妊、脱毛..
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。