はじめまして、戸田梨恵(うみねこ)です。 2006年7月から、白血病(ALL:急性リンパ性白血病)の治療をはじめました。 弟と妹から3座違うハプロ移植を2回して、今は寛解を維持しています。日々の出来事を綴っていきたいです。コメント、大歓迎です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外来でした♪

採血も一発でとれて、約1時間半しか待たなかったし、全てが上手く回りました。
血液検査も、特に問題なしでした。
感謝。

こんな外来日が、続くといいね(^-^)


最近、私の事を知った方から
「余命を告げられた時、どんな気持ちでどう考えました?」
って聞かれることがありました。

変に距離をおかずに、面とむかってずばっと聞かれると、
竹を割ったようで、ある意味心地いいですね。


うーん。
どうだろうか。
諦めと、残りの人生楽しんでやるという気力が私を突き動かしていたように思う。

もちろん、はっきりと残りひと月だと宣告されるまでに、
そうなりうるであろうことは、ある程度想像ついていた。
(薬がきかないとか、再々発だとか、いい想像がしづらい客観的状況があったから)

それでも、面と向かって告げられた時は、
悔しさや怒りや、それらを通り越した黒い悲しみが私を支配して、
瞬間は、何をどうしていいのか分からなかったです。

「年を越すのも難しいし、
 来年の桜は絶対見れない。
 ここは治療をする人の病院だから、
 治療できない戸田さんは、治療できない人を受け入れる病院を見つけて早くベッドをあけてほしい。」

そう突然いわれても、
ベッドをどうすればあけられるのだろうか。
どうすればそんな病院を見つけられるのだろうか。
分からなかった。
私は、ただただ茫然とするしかなかった。

そしてね、
それらの言葉を言われた瞬間に、私は、この世界にはもういなくなったんだ。
病院にすらいられない私は、
姿形は存在しているけれど、現世にもう居場所はないのだとわかった。


あと少しの命といえども、人が生きるということはただ息をすることではない。
と私は思う。
人は居場所がないと、生きてはいけないのだ。
社会生活から離れた私にとって、病院は私が生きるための場所だった。

生きるための治療をする人たちがいる場所から、
助からない貴女は出ていってほしいとはっきりと言われた時点で、
私はもう、今の世界には居場所がないと思ったんだ。

そして、悔しさと悲しみと絶望の中、
一時でもここにはいたくないという感情が芽生えました。

どうせあとひと月の命。
ここで死ぬくらいならば、路上でのたれ死んだほうがましだと考えて、
私は翌日退院したいと告げた。

それを医師の立場から、数日間思いとどまらせてくれたのは、
昔の病院の主治医先生だった。

あのときの私の思いというのは、
ただ、「余命を告げられた者の思い」という一言で片づけられるものではないと思う。

逃れない運命も、現実も、それはどうしようもないのだと思う。
ただ、あと少しの命でも、身体は辛くとも、人は最後まで人だ。
そのわずかな時間を、
心満たされて精神的に笑ってすごせるか、愛する人たちと楽しく過ごせるか。
悲しみと絶望の中で、泣きながら過ごすか。
その重要なキーとなる部分は、どうしても周りの人たちに左右されるのだと思います。

私には、守ってくれる家族がいたから、家族という居場所があったから、
まだ救いがあったように思う。

そして、私はある意味達観していたというか。
そういった物言いをされた翌日くらいには、
あぁ人生って、人ってそういうものなのかもしれない。と思ってた。

泣いても笑っても、もう少しで人生が終わるのだから、
人を憎んだり羨んだりしても仕方がないと割り切れた。
これは、「あと何週間だから」というデッドラインがはっきりと見えていたから、
そういう仙人のような気持ちの割り切りができたのだと思う。

うん、でも、このような思いをしたのは、私だけではないんでしょうね。

そして、これから死にゆく人が、もしくは亡くなっていった方の大切な人のうちどれだけが、
愛する人の死後に、怒り、悲しむパワーがあるのだろうかと思うのです。

私の心の中には、今でも疑問が渦巻いているけれど、
不思議なことに、あの直後から、とりたてて大きな怒りや悲しみはない。

心ある人達にたくさん助けてもらったことのほうが、はっきりと記憶に残っている。

そうして私は、残された期間で、めいいっぱい楽しんで生き切ろうと、必死で方策を練るのでした。


スポンサーサイト

【2012/05/04 22:26】 | [言の葉]言の葉
トラックバック(0) |

仁奈さんへ
外来の件、良かったですね!
毎回こんなだといいですねー

最近私も考えています。
そんな状況になったら普通でいられるのか
落ち着いていられるのか。。
きっと割り切れるって思ってても無理な気がします。
多分だけど、私って弱い人間だと思うから
立ち直れなくて落ち込んでるかなって。

仁奈さんの言葉を聞いてると本当に尊敬します。
きっと
そばに誰かがいたら・・
守ってくれる家族がいたら・・
頑張りたいです!

毎回仁奈さんのブログ読んでると
少しずつ強くなっていけると思います。
前にも書きましたが、本当小さな人間でした。
でも仁奈さんに知り合えてから
少々の事なんて何とでもなるし
本当些細な内容に悩んでいたんだな~って。

これからも、もっともっと強くなります!
仁奈さんも一緒に強くなって頑張ろうね☆
いつもいつも勇気をくれてありがとう!!


ゆか
こんばんは
初めてコメントを書かせていただきます

最近、いろいろと自分のことについてとても悩んでいました
学校、人間関係、将来・・・

時間が合れば悩んで落ち込んで泣いて。でも、自分で答えが出せなくてわからなくて

そんな時
にこのブログに出会いました
ブログを読んでいて、とても心に残る言葉がいくつもありました
少し勇気をもらいました
ありがとうございます
また読ませていただきます

余命
なお
私は最初の病院で後3週間持つかどうかといわれました
今はトントンびょうしに兵庫医大でハプロ移植し退院、あと数日で移植後半年になります

管理人のみ閲覧できます
-


☆権さま
ニナ
ありがとうございます。
外来、本当によかったです。採血でつまずくと疲れてしまうので。。。

意外と人間って、しぶといんだなぁと思ったりもします。

こちらこそ、いつも勇気をもらってます、ありがとう!


☆非コメ(Y)さま
ニナ
はじめまして。コメントありがとうございます。

こちらこそ、ありがとうございます。
辛いこと、いくら泣いてもどうしようもないときってありますよね。
そんなときは、また来てくださいね。
応援してます!お互い、頑張って乗り切りましょう!

☆なおさま
ニナ
コメントありがとうございます♪
同じ病院なんですね、結構多いですね、兵庫の方。
半年経過、おめでとうございます。
お互い頑張りましょうね。

☆非コメ(E)さま
ニナ
コメントありがとうございます!
その方は、そうですね、真剣にどんな気持ちなんだろう、知ることで生き方のヒントになるということでした。
こちらも心地よかったです。

命の期限があることが、生きていくうえで最も重大な問題というわけでもないように思います。
生き地獄という言葉があるように・・・生き続けることもとんでもなく辛い、と思います。
友人の存在は心強いですね。
私も、友達に支えられています。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
仁奈さんへ
外来の件、良かったですね!
毎回こんなだといいですねー

最近私も考えています。
そんな状況になったら普通でいられるのか
落ち着いていられるのか。。
きっと割り切れるって思ってても無理な気がします。
多分だけど、私って弱い人間だと思うから
立ち直れなくて落ち込んでるかなって。

仁奈さんの言葉を聞いてると本当に尊敬します。
きっと
そばに誰かがいたら・・
守ってくれる家族がいたら・・
頑張りたいです!

毎回仁奈さんのブログ読んでると
少しずつ強くなっていけると思います。
前にも書きましたが、本当小さな人間でした。
でも仁奈さんに知り合えてから
少々の事なんて何とでもなるし
本当些細な内容に悩んでいたんだな~って。

これからも、もっともっと強くなります!
仁奈さんも一緒に強くなって頑張ろうね☆
いつもいつも勇気をくれてありがとう!!
2012/05/05(Sat) 00:10 | URL  | 権 #HprE27Ag[ 編集]
こんばんは
初めてコメントを書かせていただきます

最近、いろいろと自分のことについてとても悩んでいました
学校、人間関係、将来・・・

時間が合れば悩んで落ち込んで泣いて。でも、自分で答えが出せなくてわからなくて

そんな時
にこのブログに出会いました
ブログを読んでいて、とても心に残る言葉がいくつもありました
少し勇気をもらいました
ありがとうございます
また読ませていただきます
2012/05/05(Sat) 20:57 | URL  | ゆか #JkFXavhQ[ 編集]
余命
私は最初の病院で後3週間持つかどうかといわれました
今はトントンびょうしに兵庫医大でハプロ移植し退院、あと数日で移植後半年になります
2012/05/06(Sun) 14:44 | URL  | なお #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/05/07(Mon) 15:58 |   |  #[ 編集]
☆権さま
ありがとうございます。
外来、本当によかったです。採血でつまずくと疲れてしまうので。。。

意外と人間って、しぶといんだなぁと思ったりもします。

こちらこそ、いつも勇気をもらってます、ありがとう!
2012/05/08(Tue) 22:28 | URL  | ニナ #-[ 編集]
☆非コメ(Y)さま
はじめまして。コメントありがとうございます。

こちらこそ、ありがとうございます。
辛いこと、いくら泣いてもどうしようもないときってありますよね。
そんなときは、また来てくださいね。
応援してます!お互い、頑張って乗り切りましょう!
2012/05/08(Tue) 22:32 | URL  | ニナ #-[ 編集]
☆なおさま
コメントありがとうございます♪
同じ病院なんですね、結構多いですね、兵庫の方。
半年経過、おめでとうございます。
お互い頑張りましょうね。
2012/05/08(Tue) 22:33 | URL  | ニナ #-[ 編集]
☆非コメ(E)さま
コメントありがとうございます!
その方は、そうですね、真剣にどんな気持ちなんだろう、知ることで生き方のヒントになるということでした。
こちらも心地よかったです。

命の期限があることが、生きていくうえで最も重大な問題というわけでもないように思います。
生き地獄という言葉があるように・・・生き続けることもとんでもなく辛い、と思います。
友人の存在は心強いですね。
私も、友達に支えられています。
2012/05/08(Tue) 22:38 | URL  | ニナ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。