はじめまして、戸田梨恵(うみねこ)です。 2006年7月から、白血病(ALL:急性リンパ性白血病)の治療をはじめました。 弟と妹から3座違うハプロ移植を2回して、今は寛解を維持しています。日々の出来事を綴っていきたいです。コメント、大歓迎です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暑くなってきましたね。
家にいる二匹の猫は、パリポリパリポリとよく餌を食べて、
水を飲んで、よく寝て起きては元気に遊んでます(笑)。

三毛?サビ色のまりあちゃんは、今年の11月で11歳になります。
私と過ごしたのは再発までの3年くらいかな。
そのあと私が入院して働けるようになるまでは、ずっと実家で面倒を見てもらっていました。
再び一緒に住めるようになったのが去年の秋で、7年くらいは実家にいたのかな?
わが子を遠くに預けていて、自分では育てることすらできないふがいない現状に対して
嫌悪感を抱いたこともあった。

そして今、ようやく、一緒に過ごせています。

何があってもこの子達を守りたいし、
この時間をもっと大事にしたいなと思うよー。

しょうくん(グレーの子)は昨年秋に突然うちにやってきた。
私と誕生日が同じだという縁でね。
運命の出会いだった。

IMAG0126.jpg

1370659924140.jpg

お子さんを育てていらっしゃる人からみたら、責任感?というのかな。
そんなものは比べ物にならないほど違うと思うけど、
それでもこの子達は私の生きがいで、幸せにしたいんだな。

この子がいるから、生きていく理由ができているのだ。
それってとてもシアワセだと思う。

人よりかなり遠回りしているな?と思うときもあるけどね。

まぁでも、身近な人と比較したらダメだよね。
先に向こうで暮らしている人と比較するのも、何か違うと思う。

もちろん、私は決して忘れないし、彼らに恥じない生き方をしたいとふんばっている(笑)
自分の絶対的な物差しをしっかと持って、それで幸せを測って生きていかねば。


スポンサーサイト

【2013/07/05 03:38】 | [再々発]移植後外来(2009.4-)
トラックバック(0) |

はじめまして(^▽^)
大西良空
戸田梨恵さん、はじめまして(^^)
私は、山梨県北杜市にある法徳寺というお寺の住職をしている大西良空(りょうくう)と申します。
Facebookで戸田さんの事が紹介されていたので、もっと詳しく知りたいと思い検索していたところ、こちらのブログにたどり着きました。
実はほんの二か月ほど前にも、坂中明子さんという、医療事故によって、全身麻痺の後遺症を負われたお方の事をFacebookで知り、その生きざまに感銘を受けたばかりです。
戸田さんの精神的、肉体的苦しみは私などには想像も出来ませんが、最後の最後まで諦めずに生きようと決心された事に、ただただ感服しました。
僧侶として私に出来る事は、陰ながら戸田さんのお救いをお祈りする事くらいしかありませんが、微力ながら、これからもお祈りさせて頂きたいと思います。

コメントの中で、人よりかなり遠回りしていると思う事があると書いておられますが……。
実は私も僧侶になったのが、29歳の時で、それまでは信仰とはまったく無縁の世界に生きていました。
勿論お寺の息子ではありませんし、御先祖様にも出家した人は一人もいません。
当時、自分では随分遠回りしてきたように思っていましたが、その遠回りがなければ、いまの自分はありませんでした。
親しい友人が三人いますが、遠回りした私が、いまは一番幸せになっているんです(笑)
人生って、本当に分りませんよね。
遠回りして、無駄な時間を費やしたと思っていても、全然無駄じゃなかったんです。
すべての事に意味があり、すべてが今の私を育ててくれていたんです。

いま戸田さんは経過観察中との事ですが、これから先の事は誰にも分りません。
未来図は全く白紙です。
その白紙に、戸田さんがどんな人生模様を描かれるかは私にも分りませんが、確かな事が一つあります。
それは、いままでどんな人生を歩んで来られたかが、未来図を描く絵筆の先にすべて現れてくるという事です。
今まで辿ってきた人生以上の未来図は、誰にも描けません。
正直なものですね。
平々凡々の人生を歩んできた人には、平々凡々の未来図しか描けません。
誰も経験した事のない辛く苦しい人生を歩んできた人には、その苦しい人生から得た様々な体験が、絵筆の先ににじみ出てきます。
偉大な芸術家や音楽家と言われる人々で、楽な人生を歩んだ人は一人もいないのが、その証拠です。
ダビンチにしても、ベートーベンにしても、大変な苦労を強いられる中で懸命に生き、その中から、輝かしい作品が生み出されてきたのです。
戸田さんの絵筆からも、きっと素晴らしい未来図が描き出されると確信しています。
長文になってしまいました。お許し下さい(^^;)

☆大西良空さま
ニナ
はじめまして。facebookで紹介ですか?自分でも知りませんでした。
一番幸せとおっしゃれることが、大西様がなにより幸せであることを表していますね。

はい、素晴らしい未来図を描いていくつもりでいます。
応援してくださって、本当にありがとうございます!!

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
はじめまして(^▽^)
戸田梨恵さん、はじめまして(^^)
私は、山梨県北杜市にある法徳寺というお寺の住職をしている大西良空(りょうくう)と申します。
Facebookで戸田さんの事が紹介されていたので、もっと詳しく知りたいと思い検索していたところ、こちらのブログにたどり着きました。
実はほんの二か月ほど前にも、坂中明子さんという、医療事故によって、全身麻痺の後遺症を負われたお方の事をFacebookで知り、その生きざまに感銘を受けたばかりです。
戸田さんの精神的、肉体的苦しみは私などには想像も出来ませんが、最後の最後まで諦めずに生きようと決心された事に、ただただ感服しました。
僧侶として私に出来る事は、陰ながら戸田さんのお救いをお祈りする事くらいしかありませんが、微力ながら、これからもお祈りさせて頂きたいと思います。

コメントの中で、人よりかなり遠回りしていると思う事があると書いておられますが……。
実は私も僧侶になったのが、29歳の時で、それまでは信仰とはまったく無縁の世界に生きていました。
勿論お寺の息子ではありませんし、御先祖様にも出家した人は一人もいません。
当時、自分では随分遠回りしてきたように思っていましたが、その遠回りがなければ、いまの自分はありませんでした。
親しい友人が三人いますが、遠回りした私が、いまは一番幸せになっているんです(笑)
人生って、本当に分りませんよね。
遠回りして、無駄な時間を費やしたと思っていても、全然無駄じゃなかったんです。
すべての事に意味があり、すべてが今の私を育ててくれていたんです。

いま戸田さんは経過観察中との事ですが、これから先の事は誰にも分りません。
未来図は全く白紙です。
その白紙に、戸田さんがどんな人生模様を描かれるかは私にも分りませんが、確かな事が一つあります。
それは、いままでどんな人生を歩んで来られたかが、未来図を描く絵筆の先にすべて現れてくるという事です。
今まで辿ってきた人生以上の未来図は、誰にも描けません。
正直なものですね。
平々凡々の人生を歩んできた人には、平々凡々の未来図しか描けません。
誰も経験した事のない辛く苦しい人生を歩んできた人には、その苦しい人生から得た様々な体験が、絵筆の先ににじみ出てきます。
偉大な芸術家や音楽家と言われる人々で、楽な人生を歩んだ人は一人もいないのが、その証拠です。
ダビンチにしても、ベートーベンにしても、大変な苦労を強いられる中で懸命に生き、その中から、輝かしい作品が生み出されてきたのです。
戸田さんの絵筆からも、きっと素晴らしい未来図が描き出されると確信しています。
長文になってしまいました。お許し下さい(^^;)
2013/07/16(Tue) 11:00 | URL  | 大西良空 #-[ 編集]
☆大西良空さま
はじめまして。facebookで紹介ですか?自分でも知りませんでした。
一番幸せとおっしゃれることが、大西様がなにより幸せであることを表していますね。

はい、素晴らしい未来図を描いていくつもりでいます。
応援してくださって、本当にありがとうございます!!
2013/07/16(Tue) 19:48 | URL  | ニナ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。