はじめまして、戸田梨恵(うみねこ)です。 2006年7月から、白血病(ALL:急性リンパ性白血病)の治療をはじめました。 弟と妹から3座違うハプロ移植を2回して、今は寛解を維持しています。日々の出来事を綴っていきたいです。コメント、大歓迎です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カメ更新ですみません。

リレーフォーライフ、
たくさんの方々に手拍子や拍手をいただいて、
無事終わりました!

セーラー服に猫のコスプレは、思っていた以上に楽しかった。
少なくとも着た側は(笑).


日野リレーフォーライフ(RFL)のサイトに動画があるので、
よかったら見てください。

楽しい話の前に、悲しい出来事がありました。

2日間開催のうち、私が参加したのは初日のみだったのですが、
最終日に不快な思いをしたがん友がいました。

RFLにはいくつかのルールがあります。
たとえば、がん告知を受けた「サバイバー」
(治療中の患者だけでなく治療後の元患者も含む)と、
サバイバーと共に人生を歩む家族や友人の「ケアギバー」に役割がわかれ、
サバイバーだけが当日バンダナを着けます。

また、RFLでは24時間リレーをしながらグラウンドを歩き続けるのですが、
「サバイバーズラップ」といって、
サバイバーだけがトラックを歩ける時間が決まっています。
「サバイバーズラップ」は基本的に、RFLの開会直後に行われることが多く、
最後はサバイバーもケアギバーも一緒に歩くことが多いようです。

ウォーキングは24時間のリレー形式で行われますが、
もちろん、一部だけ参加してグラウンドを1周だけ歩くのでも、
問題ありません。
参加できるところだけ参加すればいいのです。
歩く人を絶やさないよう、
深夜はケアギバーやボランティアの方が歩いてくださっていることが多いようです。
治療中に無理はできませんからね。

日野のRFLでは、小学校のグラウンドを歩き続けるのですが、
閉会前、グラウンドをサバイバーだけが歩くことになりました。
サバイバーズラップが最後の周回だったのです。

日野のRFLは規模が小さく、
私が参加した時間帯も、
参加者全体で100人いるかいないかくらいだったように思います。

閉会式の際、十数人のサバイバーがグラウンドを歩き、
それを100人以上のケアギバーやボランティアの方々が見守っていたようです。

私の友人たちは、100人以上がじっと見る中、
グラウンドを歩かなければならなかったため、とても不快な思いをしたと話していました。
聞いた言葉をそのまま書くなら、「晒し者」にされたと感じたと言っていました。

その状況を想像すれば、
私もその場にいたら「晒し者」だと感じたと思います。

まぁでも、サバイバーズラップはRFLのルールなので、
ルールにしたがって行われたのなら仕方ないかなと思う部分もありました。

上野や横浜のRFLなら、参加者も多いので
「晒し者」と感じないのだろうけど、
少人数の規模なら仕方がないかなと。
でも、傷ついたサバイバーがいるのは事実なので、
規模に応じた対応を、小規模だからできる対応を
次回は考えてくれたらいいかなと思いました。
 
問題はここから。

実行委員の友人は、日野RFLの反省会に今回の問題を話して
改善策を練ってもらおうと考えていました。
実際に傷ついたサバイバーがいて、
「晒し者」と感じてしまった人がいたこと。
他のRFLではサバイバーズラップを開会直後に行い、
閉会前の最期はサバイバーもそれ以外の人もみんなで歩くので、
同じようにしたらどうか提案しようかとも話していた。

RFLが終わってすぐに他の実行委員にこの問題を話して、
ブログにも書き、反省会で改善策を提案しようと思っていました。
 
すると、反省会の前日、
実行委員のメンバー1名と現職の日野市議会議員が彼女のところを訪れました。
議員は、彼女に実行委員をやめるように伝えるとともに、
ブログの削除を要求。
そして反省会には出席しないようにと彼女に求めたそうです。

反省会では今年起きた問題点は話し合わない、
慰労会を行うのだと伝えたそうです。
 
議員のFacebookには、頑張った結果、RFLが上手くいってよかった旨が更新されていましたが、
今回不快な思いをしてしまったサバイバーがいたことは
耳に入っているはずなんですけどね。
どういうことでしょうか。
本当に不思議です。

一緒に訪れた実行委員は「福祉の仕事」をしていらっしゃる方だそうで。
もう一人は現職議員ですからね。
そういった方が、問題を訴える実行委員や他の実行委員と話し合いの場を持とうともしない。
彼女の意見に反対意見があるのであれば、
反省会で彼女に意見を述べさせてからみんなで討論すべきでしょう。
これが、中学校の学級委員会であれば、話し合い、解決策を考えるんでしょうね。

いい年をした社会的にも責任ある立場にある方が、
反省会に欠席するように事前に人の家を訪問するのは、本当だとすれば残念です。
残念どころか、公的な立場に立ってほしくないですね。

彼女は、ブログを削除し、実行委員をおりました。

もし、自己利益のためにRFLが利用されるのであれば、
これほど悲しいことはない。
偽善でも何でもボランティアの存在は貴重だと思いますが、
起きたことが本当なら、悪のボランティアであり、
こんな存在はいらない。

RFLはサバイバーやケアギバーのことを考えてこそ、
そこに存在意義があるのではないでしょうか。

私自身、このような問題は放置したくないとの思いもありますが、
一方で、私以外の様々な事情があり、
今回の件はこのまま闇に葬られてしまいそうです。

彼は彼で何を思ってのことかまではわかりませんが、
少なくとも話し合いの場を持とうともしない、
がん患者の気持ちに耳を傾けようともしない人が、
世のため人のためといって、いくらいい演説をし、
Facebookで「いいね!」をたくさんもらったところで、
片腹痛いですね。



スポンサーサイト

【2013/11/02 15:03】 | [日々のこと]
トラックバック(0) |


モットー☆
はじめまして。

その議員さんのしたことが本当であって、もし自分の都合だけを考えての行動ならば許せませんね。

理由を聞いてみたいです。

私も偽善でも何でも困っている人の負担が少しでも減るならボランティアをすることはとてもいいことだと思います。
ただこのようなやり方は許容範囲を超えていると思います。

辞められた実行委員の方が他のところで活躍されることを願います。

☆モットー☆ さま
戸田梨恵
はじめまして。コメントありがとうございます!

辞められた方は違う方向で活躍することを予定しています。
私も大したことはできないまでも、協力したいと思っています。



コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
はじめまして。

その議員さんのしたことが本当であって、もし自分の都合だけを考えての行動ならば許せませんね。

理由を聞いてみたいです。

私も偽善でも何でも困っている人の負担が少しでも減るならボランティアをすることはとてもいいことだと思います。
ただこのようなやり方は許容範囲を超えていると思います。

辞められた実行委員の方が他のところで活躍されることを願います。
2013/11/27(Wed) 23:25 | URL  | モットー☆ #qbIq4rIg[ 編集]
☆モットー☆ さま
はじめまして。コメントありがとうございます!

辞められた方は違う方向で活躍することを予定しています。
私も大したことはできないまでも、協力したいと思っています。

2013/12/11(Wed) 17:52 | URL  | 戸田梨恵 #JalddpaA[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。