はじめまして、戸田梨恵(うみねこ)です。 2006年7月から、白血病(ALL:急性リンパ性白血病)の治療をはじめました。 弟と妹から3座違うハプロ移植を2回して、今は寛解を維持しています。日々の出来事を綴っていきたいです。コメント、大歓迎です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は退院のお祝いをしてもらいました♪
久しぶりに会った友達もいて、楽しかったです。
一部の人は私の本当の病気のことを知っていて、いろいろ気を使ってくれて嬉しかったです。
でも一方で、私の髪のことを知っているはずなのに、髪の毛の悩みを話されたことが辛かった。髪のこと自体は今はいずれ生えてくるんだって、それほど気にしてはいないけれど、知っているはずの人にそういう発言されたのがショックだったかな。

入院してるときも、私が子供産めなくなるかもってことで大騒ぎして泣いていたことを知っていたおばさんが、散々孫の話をしてきたし…やっぱりそこまで気が回らないのだろうか。

病気になって、知らず知らずのうちに人を傷つける言葉がたくさんあることを実感した。
例えば、孫の自慢も、子供は産んだほうが歳とったときにいいよ、って言葉も、今までなら言われても何とも思わなかった。特に後者の言葉なんて親からも言われていた言葉。子供をうんだほうがいいよ、って私に言ったおばさんは、私が子供を産めないかもしれないってことは知らないし、そもそもこんな病気で結婚できるのか・・・なんてことまでは想像できずに、ただ老婆心でのアドバイス。悪気がないことは分かっていても、笑顔で「そうですねー」って言うのは辛かったよ。。。

外から見えないことがいかに多いか。見た目病気に見えなくても、重い病気を抱えている人はいるし、人に言えない悩みを抱えている人だっているんだろう。
白血病だって、他の癌だって、外から見ても分からない。髪がないのも、ウィッグをつければ見えない。目に見える傷害を抱えている方もいれば、そうでない人もいる。よくあるところでは不妊とか、家庭の事情とか…幸せそうに見えても心の中は分からないし、元気そうにみえても身体の中は分からないんだよね。
そんなことは分かっていたけれど、認識できていなかった。

でも、相手に悪気がないただの日常会話で、いちいち傷ついたり気にしてたりしてたら、会話が成り立たないよね。
お孫さんの話なんてまさにそう。
ただできることは、分かっていて不用意に傷つけないように気を配ること。
そして、何でもかんでも悪く考えず、笑って対応できるようになること。

まだまだ精神修行が必要です^^
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

【2006/11/01 23:58】 | [再発]退院中雑記(2006)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。