はじめまして、戸田梨恵(うみねこ)です。 2006年7月から、白血病(ALL:急性リンパ性白血病)の治療をはじめました。 弟と妹から3座違うハプロ移植を2回して、今は寛解を維持しています。日々の出来事を綴っていきたいです。コメント、大歓迎です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は入院前にKレディスクリニックへ。
何のためかというと、念のため前回から間をおいて、
再度ホルモン値をチェック。
そして、ホルモン値から少しでも可能性がありそうなら、
今回の抗がん剤治療による卵巣へのダメージを抑えるため、
マーベロンという薬(ピル)を飲もうというお話でした。

血液検査の結果…撃沈il||li(つд-。)il||li
前回よりもホルモン値は悪くなっていて
まぁ半年くらい様子みてみて、
更年期障害の治療をしたほうがいいかもって言われました。

先生曰く、現状でも私の卵巣はほぼ壊滅状態、
ここに治療すれば、駄目押しになるでしょうとのことです。
それでも、飲んでみましょうか?とのこと。

★FSHという卵巣機能をみるホルモン値★

初診時          99.2
マーベロン服用中①  45.1
マーベロン服用中②  19.6
服用停止①        132.1
服用停止①(今回)   188.7  →更年期!!


正常値は15以下だというから、驚き…

これみたら、様子みる必要なんてあるの?
っていう素朴な疑問が生じたので、
先生に伺ってみると、
たまーに3ヶ月位たったらホルモン値が
正常に戻る人がいるとかいないとか。

私の場合は去年の秋からずっと異常なはずなので、
様子見ても意味ないんじゃないかって思うし、
多分、先生からみてもそうなんだと思うんです。

でも、ほんの少しの可能性でも…ってことで、
今回の治療によるダメージを防ぐため、
処方してくださいました

私くらいの年齢、それより若くても、
凍結に行ってもダメになってしまっている人、
結構いるそうです。。。
薬の毒性との関係か、
悪性リンパより白血病の患者さんのほうが多いとか。

私も同じ目的の若い人、何人か見かけました。
こんな身体になってしまった気持ち、
誰かと享有したくって、同じ状況の人いないかなぁって
思っている自分がいます。
その一方で、
病院で見かけた人たちは上手く採取できて、
私みたいな思いをせずに治療に専念できるといいなぁ。。。
って思います。

なんだか矛盾している私の気持ち。
人のココロって本当にワカラナイ(゚∀゚)

大学院行って、友達と議論して、勉強して、おしゃべりして…
私より年上で独身、子供ナシの人なんてうじゃうじゃいます。
前回の通院直後はかなりダメージくらってましたが、
大学始まって、こんな生活していると、
不妊であることを忘れていることも多かったヾ(*´∀`*)ノ゛

でも、クリニックに行くと、やっぱり心が苦しいし痛いです。
家から遠いし、待ち時間が長いし、コストがかかるのもキツイ。
だから、可能性は限りなくゼロに近いのに、
妊婦さん横目にしながら、
あと6ヶ月通う…っていうのは正直なところ微妙(´;ω;`)
私の心が持つかなぁって不安。
更年期障害のホルモン療法なら、今の病院でやりたいと思う。

ま、でも飲むこと自体は負担ではないので、
流れに身を任せて今回の治療時は薬を飲むことにします!!

スポンサーサイト

【2007/04/16 20:03】 | [副作用&悩み]不妊、脱毛..
トラックバック(0) |

承認待ちコメント
-


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2007/04/17(Tue) 12:04 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。